埋蔵文化財センターロゴ
ホーム > 企画展示

企画展


毎年3〜4回程度、神戸市内の出土資料を中心とした企画展示を開催しています。
(※企画展開催中も入館無料です。)

令和3年度の企画展


春季企画展 / 秋季企画展 / 冬季企画展


秋季企画展





画像をクリックすると、企画展のチラシがご覧いただけます。


神戸市埋蔵文化財センター開館30年記念

「福原京」の考古学

2021年8月28日(土曜)〜11月28日(日曜)

     

 平安時代末期の治承4年(1180)、神戸にひらかれた「福原京(和田京)」ですが、半年で京都へと都が戻されたこともあり、地上にはその痕跡がほとんど残されていません。そのため、幻の都とも言われるほどに実態が不明で、『方丈記』や『平家物語』などからその姿を想像するしかありませんでした。この都の姿が考古学的にはじめて確認されたのが昭和57年(1982)の神戸大学医学部付属病院構内で行われた楠・荒田町遺跡第2次発掘調査でした。その後、昭和61年(1986)には雪御所遺跡、平成5年(1993)には祇園遺跡の発掘調査が始まります。現在までの発掘件数は、楠・荒田町遺跡が65次、雪御所遺跡が7次、祇園遺跡が22次を数え、「福原京」、そしてその前後の歴史が少しづつ明らかになってきています。
 平成3年(1991)にオープンした神戸市埋蔵文化財センターには、発掘調査で確認された「福原京」関連の考古資料・データが保管・蓄積され、当センターはその解明とともに歩んできたとも言えます。平清盛没後840年にあたる本年、「福原京」にかかわる調査成果について改めて紹介する企画展を当センター開館30年記念として開催いたします。



秋季企画展関連イベント

   ※ 講演会、「福原京」ウォークは事前申込制です

※ 新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、休館や今後予定されているイベントの開催中止、内容が変更される可能性があります。事前に電話やSNSで最新情報をご確認頂きますよう、お願い致します。



講演会

とき・ところ
内  容
 
 2021年10月16日(土曜)
 14:00〜15:30

 会場 : 当センター 研修室
 定員 : 80名
 無料
 事前申込
(10月1日(金曜)必着)
 


 「福原京と西摂津・東播磨地域」

 講師 : 市澤 哲 氏
 (神戸大学大学院人文学研究科教授)
 
 2021年11月6日(土曜) 
 14:00〜15:30

 会場 : 当センター 研修室
 定員 : 80名
 無料
 事前申込
(10月22日(金曜)必着)



 「福原遷都の政治的意味 ―都還りか離宮か―」

 講師 : 高橋 昌明 氏
 (神戸大学名誉教授)




学芸員と巡る「福原京」ウォーク
とき・ところ
内  容
 
 2021年11月20日(土曜) 
 13:30〜16:30(予定) ※小雨決行
 募集人数:30名
 行程:約3km/2時間
 費用:無料
 事前申込
(11月5日(金曜)必着)
 学芸員の案内で、「福原京」の故地を訪ねます。


展示解説とバックヤードツアー

学芸員による企画展の解説&埋蔵文化財センターの収蔵庫のご案内

9月18日(土曜)/ 10月9日(土曜)
各日の1回目:10:30〜11:30  2回目:14:00〜15:00
※ 無料
※ 事前申込はありません。当日センター受付前にお集まりください。
※ 人数を制限する可能性があります。予めご了承ください。



企画展の情報をSNSでチェック!
Twitter / Facebook  #「福原京」  で検索!




冬季企画展




神戸・うつりかわる町とくらし2
〜昭和ノスタルジー〜


2022年1月15日(土曜)〜3月6日(日曜)

準備中です!


冬季企画展関連イベント

準備中

企画展の情報をSNSでチェック!

企画展イベント情報:

展示解説:



春季企画展

          



画像をクリックすると、企画展のチラシがご覧いただけます。


指定100年記念

国史跡・五色塚古墳のあゆみ

2021年4月17日(土曜)〜7月25日(日曜)

 五色塚古墳は、神戸市垂水区に所在する兵庫県下最大の前方後円墳です。大正10年(1921)3月3日、西側にある小壺古墳とともに、国史跡に指定されました。令和3年(2021)、その指定から100年をむかえるにあたり、五色塚古墳のこれまでのあゆみをふりかえる企画展を開催いたします。
 4世紀後半、淡路島を望む台地の上に築かれた五色塚古墳は、全長194mを誇り、明石海峡を見下ろす絶好の場所に位置しています。昭和40年(1965)から昭和50年(1975)には、およそ10年の歳月をかけて、埋葬施設以外の発掘調査と、復元整備が行われました。築造当初の巨大前方後円墳の姿によみがえった五色塚古墳は、市街地にある野外博物館として、また平成10年(1998)に完成した明石海峡大橋とともに、風光明媚なビュースポットとして、広く親しまれています。さらに、発掘調査で出土した鰭付円筒埴輪などの一部は、平成24年(2012)に国重要文化財に指定され、第一級の考古資料として評価されています。このように、五色塚古墳は神戸市にとってかけがえのない文化財となっています。
  本展では、五色塚古墳出土資料はもちろん、古墳が描かれた絵図や関わりのある遺跡出土資料を展示します。また、各地の史跡に指定された古墳での取り組みを紹介し、これからの五色塚古墳を展望します。

     

春季企画展関連イベント

※講演会、ワークショップは事前申込制です


講演会

とき・ところ
内容
 
 2021年5月29日(土曜)
 14:00〜15:30

 会場 : 当センター 研修室
 事前申込
(5月14日(金曜)必着)
 定員 : 50名


 「五色塚古墳発掘調査史」

 講師 : 丸山 潔 氏
 (元神戸市教育委員会)
 
 2021年6月26日(土曜) 
 14:00〜15:30

 会場 : 当センター 研修室
 事前申込
(6月11日(金曜)必着)
 定員 : 50名


 「歴史のなかの五色塚古墳」

 講師 : 菱田 哲郎 氏
 (京都府立大学教授)


 
 2021年7月3日(土曜) 
 14:00〜15:30

 会場 : 当センター 研修室
 事前申込
(6月18日(金曜)必着)
 定員 : 50名


 「五色塚古墳の造営と埴輪生産 
 ‐王陵級古墳における
 埴輪生産の実像をめぐって‐」

 講師 : 廣瀬 覚 氏
 (奈良文化財研究所)



ワークショップ
(小学4年生以上対象)

とき・ところ
内容
 
 2021年6月5日(土曜) 
 午前の部:10:00〜12:00
 午後の部:14:00〜16:00

 会場 : 当センター 研修室
 事前申込
(5月21日(金曜)必着)
 定員 : 各20名
 費用 : 1人300円


 「ミニ埴輪をつくろう」
 
 2021年7月10日(土曜) 
 13:00〜16:00

 会場 : 当センター 研修室
 事前申込
(6月25日(金曜)必着)
 定員 : 20名
 費用 : 1人300円


 「ペーパークラフトで
 五色塚古墳をつくろう」



展示解説とバックヤードツアー

学芸員による企画展の解説&埋蔵文化財センターの収蔵庫のご案内

4月24日(土曜)/ 5月15日(土)
1回目:10:00〜11:00  2回目:14:00〜15:00
※ 事前申込はありません。当日センター受付前にお集まりください。
※ 人数を制限する可能性があります。予めご了承ください。




企画展の情報をSNSでチェック!

企画展イベント情報 : Twitter / Facebook  #国史跡五色塚古墳のあゆみ で検索!

展示解説 : 準備中!



過去の企画展


令和2年度企画展 令和元年度企画展 平成30年度企画展
Copyright © 2006 Kobe Archeology Center