現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 消防の概要 > 市民防災総合センター > 市民研修係 > 福祉と防災の見学・体験ツアー

更新日:2021年9月6日

福祉と防災の見学・体験ツアー

ここから本文です。

総合福祉ゾーン「しあわせの村」と防災体験施設である「神戸市民防災総合センター」では地域を支える「福祉」と「防災」を一緒に学んでいただく「福祉と防災の見学・体験ツアー」参加者を募集しています。神戸市内の防災福祉コミュニティをはじめ、自治会、企業、少人数のグループなどどなたでもご参加いただけます。

福祉を学ぶ(しあわせの村)

しあわせの村見学

見学しあわせの「村」の理念や概要をビデオを交えながら紹介します。バスでお越しの団体には同乗して村内を案内します。(約90分)

ユニバーサル体験学習

しあわせの村では、車いすを使った実習や視聴覚障がいについてふれあい体験の理解を深める学習を実施しています。
〈学習内容〉
1.車いすを使った体験学習
2.視覚障がいの理解を深める学習
3.聴覚障がいの理解を深める学習
4.しあわせの村ユニバーサルデザインスポットめぐり
5.障がい当事者講師による講話
※1~5のプログラムより希望に合わせて実施します。
〈対象〉
小学4年生以上で、学校・地域で活動する団体

UD体験

防災を学ぶ(市民防災総合センター)

火災から身を守る

煙体験火災による煙からの避難体験や消火器、屋内消火栓の取扱方法などを体験します。(約30分)

風水害から身を守る

暴風雨体験VR(仮想現実)技術を用いたゴーグルをつけて土砂災害の疑似体験や台風やゲリラ豪雨を想定した暴風雨体験、冠水歩行体験により風水害から身を守る方法を学びます。ゴーグルは消毒による新型コロナウィルス感染症対策を徹底して実施します。(約30分)

VR体験

 

 

 

地震から身を守る

地震体験阪神淡路大震災や南海トラフ巨大地震などの揺れを体験するとともに、緊急地震速報や家具の固定、津波からの避難について学習します。地震体験車(ゆれるん)には抗ウィルス効果のある空気触媒を施工し、新型コロナウィルス感染症対策を行っています。(約30分)

お申込み・お問い合わせ

  1. 事前予約制です。また、表示時間は目安ですので、事前にご相談ください。
  2. 福祉、防災いずれか一方のみの体験も可能です。但し、防災体験は神戸市民に限らせていただきます。
  3. しあわせの村と市民防災総合センター間のバス送迎も可能です(要予約、先着順、条件あり)
  4. 福祉体験では、会議室料、駐車料金が必要な場合があります。

お申込み・問い合わせは、しあわせの村運営振興課(電話078-743-8190)まで
防災体験のみの場合は、市民防災総合センター(電話078-743-3799)まで、お問い合わせください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局市民防災総合センター  

〒651-1124 神戸市北区ひよどり北町3-1