建築士法第24条の7に基づく重要事項説明

最終更新日:2022年7月11日

ここから本文です。

建築士事務所の開設者は、設計業務又は工事監理業務を受託する際は、あらかじめ建築主に対し、書面を交付して重要事項説明を行うことが義務付けられていますが、当課に所属する建築士が設計・工事監理者となりますので、重要事項説明は不要です。
下記の技術的助言「3.(5)重要事項説明の対象となる設計受託契約又は工事監理受託契約」をご確認ください。

平成20年11月28日 建築士法等の一部を改正する法律等の施行について(技術的助言)(PDF:116KB)

お問い合わせ先

建築住宅局住宅建設課