現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 会計室 > 債権者登録申請書

更新日:2019年11月1日

債権者登録申請書

ここから本文です。

債権者登録とは

  • 債権者登録は、神戸市と取引のある皆様方のご住所・氏名・振込先等を登録していただくものです。登録されますと、後日連絡いたします「債権者登録番号」を請求書に記載していただくだけで、確実・迅速に、ご指定の口座に振り込みさせていただきます。
  • 登録内容に変更のある場合は変更登録が、また、神戸市との取引がなくなった場合は廃止登録が、それぞれ必要です。

*2年間以上登録内容による支払いがなかった場合、登録を無効にすることがあります。

申請

申請される方は、次の書類を、契約先の所管課又は会計室会計課債権者登録担当へ提出してください。神戸市の入札参加資格を併せて申請する方は、入札参加資格の申請書とともに、行財政局財政部契約監理課へ提出してください。(ただし、振込先項目の変更のみの場合は、会計室会計課債権者登録担当へ提出してください。)

債権者登録申請書

新規・変更・廃止を兼ねた様式になっています。記入例を参考に、作成してください。

振込口座証明(依頼)書

初めて債権者登録をされる方や振込先を変更される方は、取引先金融機関で証明を受けたものを提出してください。なお、この証明書以外でも、預金通帳の裏表紙のコピーなど、振込先金融機関名、支店名、預金種目、口座番号、口座名義が確認できる金融機関発行のもののコピーでもかまいません。

振込口座証明(依頼)書(PDF:82KB)

委任状

法人の場合で、債権者(契約者)が法人の代表者と異なる場合や、債権者(契約者)以外の同一法人内部の受取人(振込口座の名義人。法人の代表者を除きます。)を指定する場合は、委任状を提出してください。ただし、行財政局財政部契約監理課の「入札参加資格審査申請書・変更届」で受任者の届出を行っている場合は、本委任状を提出する必要はありません。

委任状(PDF:53KB)

営業譲渡書

個人事業主で同じ債権者登録番号を引き継ぎ代表者が変わる場合や、個人から法人(法人から個人)に変更する場合は、営業譲渡書を提出してください。なお、代表者死亡により継承する場合は、代表者死亡用の書式を使用して下さい。

事務の根拠

神戸市会計規則第8条の2

登録が終わりますと・・・

  • 登録が終わりますと、「債権者登録通知書」(はがき)をお送りします。記載されている債権者番号(電話番号をもとに設定します。)・登録年月日・登録内容を確認のうえ、保管しておいてください。とくに債権者番号は変更する場合がありますので、必ず確認してください。
  • 神戸市に見積書や請求書を提出されるときは、申請した印鑑を使用し、債権者番号を記入してください。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

会計室会計課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所2号館2階