ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 花と緑と六甲山 > 六甲山の緑 > 六甲山のこれからの100年を描きたい!(神戸市へのふるさと納税)

六甲山のこれからの100年を描きたい!(神戸市へのふるさと納税)

最終更新日:2022年4月15日

ここから本文です。

六甲山の森林整備にご協力ください

ふるさと納税でいただいた寄附金は、暗くなった森の手入れや間伐材の有効活用など、六甲山の「これからの100年を目指した森づくり」を実現するための様々な取り組みに活用します。
寄附のお申込み(外部リンク)

ご寄附にあたって

ふるさと納税にて、森林整備へのご支援をいただける場合は、寄附金の使い道を選択する際に「17.六甲山のこれからの100年を描きたい!」の使い道をお選びください。

返礼品のご紹介

六甲山の間伐材を利用した木製品など、六甲山にゆかりのある返礼品の一部をご紹介します。
(返礼品名をクリックするとふるさとチョイスの申し込みページに移動します)

六甲山鉛筆(外部リンク)

六甲山鉛筆(木材:すぎ間伐材)
六甲山鉛筆
六甲山鉛筆は1年に一度山の手入れのために行われる間伐で出た木材で作られた鉛筆です。
神戸で古くから親しまれている山「六甲山」では、水害などから山と街を守るため120年以上も前に植林が行われました。現在ではそれらの木が大木へと育ち、間伐などの手入れが必要な状態です。
そのため、手入れで発生した丸太を有効利用しようと行政や関連の組合、加工メーカーの共同プロジェクトが始まりました。
たくさんの丸太を活用するためには床や壁で使用する大きな板材にするのが有効ですが、板材に加工できるのは丸太全体の約3割程度。7割がその加工の残りになってしまいます。
そういった残りの材も、無駄なく活用するために生まれたアイデアの一つがこの「六甲山鉛筆」です。

六甲山材ティンバーポット(外部リンク)

六甲山材ティンバーポッド(木材:ヒノキ間伐材)
六甲山材ティンバーポッド
六甲山の間伐材を一つ一つ削り出して仕上げた天然木の鉢植えです。
個性的な表情は一つ一つ違い、使い込むことで経年変化していく風合いをお楽しみください。

ペーパーコードキッズチェア(外部リンク)

ペーパーコードキッズチェア(木材:ヒノキ間伐材)
ペーパーコードキッズチェア
六甲山のヒノキの無節材で作ったオリジナルのペーパーコードのキッズチェアです。
北欧デザインのこの椅子は軽くて持ち運びしやすく、お子様にとっても座りやすい椅子です。

ペーパーコードスツール(外部リンク)

ペーパーコードスツール(木材:ヒノキ間伐材)
ペーパーコードスツール
六甲山のヒノキの無節材で作ったオリジナルのペーパーコードスツールです。
北欧デザインのこのスツールは軽くて持ち運びしやすく、どのインテリアにもよく合います。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局防災課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14神戸商工貿易センタービル19階