現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 都市局の計画 事業等 > 土地区画整理事業 > 既成市街地の土地区画整理事業

更新日:2019年11月1日

既成市街地の土地区画整理事業

ここから本文です。

神戸市の既成市街地では、戦災を受けた市街地の復興を図るため昭和21年から戦災復興土地区画整理事業を施行し、これまで生活環境の整備をはじめとして数多くの都市基盤を整備するなど、今日の市街地の形成に大きな役割を果たしました。

戦災復興事業(PDF:332KB)

昭和40年代・50年代からは、多様化する都市機能の充実・更新と生活環境の改善を図るため、都市改造事業として、東灘山手、河原、上沢地区においても安全で快適なまちをめざして土地区画整理事業を実施し、河原地区、上沢地区については平成13年に換地処分を行い、東灘山手地区においても、平成22年3月15日に換地処分を行いました。

東灘山手地区

また、浜山地区においては、平成4年度から土地区画整理事業と住宅市街地総合整備事業(旧密集事業)との合併施行により、道路・公園等の公共施設を整備するとともに、住環境の整備改善を図るため事業の進捗に努めています。

浜山地区 協働のまちづくり(浜山都市整備課)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局市街地整備部市街地整備課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル8階