ホーム > 事業者の方へ > 各業種へのご案内 > 水道 > 神戸市工事負担金制度 > 開発者等による配水管工事の施行(民間施行)

開発者等による配水管工事の施行(民間施行)

最終更新日:2024年1月5日

ここから本文です。

制度について

開発区域内等における配水管布設工事については、2つの方法から選択ができるようになっています。

1 水道局による設計・施工
 開発事業者から工事負担金を納付していただき、水道局が設計・施工を行います。

2 開発者等による設計・施工
 一定の条件の下、開発事業者が設計・施工を行います。(完成品を水道局へ無償譲渡)
 
 <開発者等による設計・施工の条件>
①開発区域内で、全ての口径が200㎜以下の配水管であること
②過去5年以内に神戸市水道局の配水管に関する設計・施工を請け負った実績がある事業者が設計・施工すること
 その他の条件については、「開発団地等における配水管の民間施行を承認する条件・同意書(PDF:213KB)」をご確認ください。

手続きの概要

「神戸市開発事業の手続き及び基準に関する条例」に基づき提出された「開発事業審査申出書」の水道局との協議により、同条例第12条の協議(公共施設等の管理者等との協議)において、配水管を布設する必要があるとされた案件が対象となります。

開発者等による配水管工事の施行(民間施行)の主な流れ概要図(PDF:60KB)

手続きの詳細は、窓口でご案内いたします。

要綱・様式等





 

お問い合わせ先

水道局配水課