現在位置

ホーム > 区役所 > 東灘区 > 防災・安全 > イノシシ > イノシシってどんな動物?

更新日:2019年11月1日

イノシシってどんな動物?

ここから本文です。

まずは相手を知ろう!イノシシってなにもの?

特徴

  • 体長は平均100~130cm、体重は約50~80kg
  • 平均寿命は5~10年
  • 年1回、春と秋に5~6頭の子どもを産む
  • ジャンプ力は約1.2m
  • 犬とケンカしやすい
  • 後ろ向きのキバをもっている(オスのみ)

Q&A

Q.イノシシは夜行性なのですか?

  • A.夜行性のイメージがありますが、人を警戒する必要がなければ昼間活動する昼行性の動物です

Q.どんなところに住んでいるのですか?

  • A.山の動物と思われがちですが、人間とまったく同じ標高に住む動物です。山の中より里に住む動物です。

Q.どんな物を食べているのですか?

  • A.雑食性で土の中のものを食べることが多く、球根や木の実、ミミズなどを好んで食べます。しかし、この辺りのイノシシはゴミをあさって食べていることもあります。人間の食べ物は栄養が豊富で、ゴミはイノシシの恰好のエサとなっています

こんな一面も・・・やはり猪突猛進?

イノシシは大きなキバを持ち、突進しているイメージがありませんか?
でも、そんなことはありません。
いくら動物とはいえ、理由もなく疾走することはありません。
普通、動物は獲物を捕食するとき、または逃げるときに走ります。
イノシシの場合は食べ物の種類や短い足などから考えて前者ではなく後者に該当するようです。
では、どんなときに走るのか?
それはやはり、自分より強い相手に出会い、逃げるときです。以前はこの辺りのイノシシも人間を見て逃げていたようです。
しかし、今は人間に慣れすぎて、エサをねだりに近づいたり、ビニール袋などをめがけて突進することもあるようです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

東灘区総務部まちづくり課 

〒658-8570 神戸市東灘区住吉東町5丁目2番1号