更新日:2020年3月19日

東灘処理場/Higashinada WWTP

ここから本文です。

水ing株式会社 アイテック株式会社 広告募集について
広告募集1 広告募集1 広告募集1
 

はじめに

東灘処理場は、1995年1月の阪神・淡路大震災により、最も大きな被害を受けました。今では復興を遂げただけでなく、再生エネルギー創出の機能を有し、国内外から注目される処理場になりました。2012年には、国から「水・環境ソリューションハブ」に認定され、神戸が蓄積してきたさまざまな経験を国内外に発信するための情報発信拠点として位置づけられています。

Introduction

Higashinada Wastewater Treatment Plant (WWTP) was completely damaged in the January, 1995 Great Hanshin-Awaji Earthquake.
Our successful reconstruction, because of its ability to produce renewable energy, has attracted attention at home and abroad.
In 2012, Higashinada WWTP was designated by the Japanese government as one of the Water and Environment Solution Hub (WES Hub, a network of cities), which is designed to accumulate, disseminate and share the knowledge and information in and out of the country.

東灘処理場概要(平成30年度末)
運転開始:1962年
排除方式:分流式(一部、合流式)
処理人口:約39万人
処理区域:37平方キロメートル
処理能力:229,500立方メートル/日
処理方式:標準活性汚泥法
汚泥処理:濃縮、消化、脱水
Outline of Higashinada WWTP (Fiscal Year 2019)
Operation start: 1962
Type of collection system: Separate sewer system (some portions utilize combined sewer system)
Sewered Population: Approximately 390,000 people
Treatment area: 37 square kilometers
Treatment ability: 229,500 cubic meters per day
Treatment method: Conventional Activated Sludge Process
Sludge treatment: Thickening, digestion, dewatering
   

阪神・淡路大震災による被害と復旧

東灘処理場は、埋立護岸の崩壊により、大きな被害を受けました。特に水処理施設が水没したため、約100日間の処理停止を余儀なくされました。その間、処理場の横を流れる運河を一時的に締め切り沈殿池として使用する等の対策をとりました。その後、本格的な復旧に取組み、平成10年度末に完成しました。

Damage and Recovery from 1995 Earthquake

Higashinada WWTP was seriously damaged, due to the destruction of reclamation revetments.
Especially, the plant completely hadn’t worked for 100 days, due to submergence of its water processing facilities. During that period, a variety of measures were taken, including temporarily using the canal that intersects the plant as a settling tank. Afterward, the City concerted efforts to recover the facilities, and the reconstruction was completed at the end of fiscal year 1998.

こうべバイオガス事業

水処理工程から発生する汚泥を濃縮後、減量化と安定化を目的に嫌気性消化しています。このときに発生する消化ガス(成分;メタン約60%、二酸化炭素約40%)をメタン濃度98%に精製し、「こうべバイオガス」として2008年4月から自動車燃料として活用しています。
2010年10月からは更に高度精製し、都市ガス導管への注入を開始しました。
いずれも日本初の取組みです。

こうべバイオガスステーション/Kobe Biogas Station

こうべバイオガスステーション/Kobe Biogas Station

Kobe Biogas Project

After concentrating the sludge generated by the water treatment process, the concentrated sludge undergoes an anaerobic digestion process for the purposes of volume reduction and stabilization. The digestive gas (about 60% methane and 40% carbon dioxide) is then refined to a concentration of 98% methane.
Since April of 2008, the gas named “Kobe Biogas” has been used as vehicle fuel, for example, city buses.
This gas has been further refined, and since October of 2010, it has supplied by the town gas works, directly through gas pipes. Both of them were the first efforts in Japan.

こうべバイオガス精製設備/Kobe biogas purification plant

こうべバイオガス精製設備/Kobe biogas purification plant

KOBE グリーン・スイーツプロジェクト

2012年1月から、国土交通省下水道革新的技術実証事業として、未利用の地域バイオマス(食品系、木質系)を下水汚泥に添加し、ガス発生量の増加と汚泥処理効率化を目指しています。これからも、こうした取組みを通じて、再生可能エネルギーの地産地消モデルとして、低炭素・循環型社会の構築に貢献していきます。

Kobe Green Sweets Project

Kobe Green Sweets Project

Kobe Green Sweets Project

Since January of 2012, Kobe has been adding unused local biomass (food waste, ligneous waste) to sewage sludge, in an effort to increase the amount of gas produced, and to improve the effectiveness of sludge processing. These efforts have been undertaken as an innovative technology verification project in sewage systems designated by the Japanese Ministry of Land, Infrastructure,Transport and Tourism.
Through these efforts, Kobe City should establish a sustainable society where the economy grows in harmony with the environment, with low carbon and recycling Society, as a model of local production for local consumption of renewable energy.

KOBEハーベスト(大収穫)プロジェクト

2013年1月から、下水の消化汚泥からリンを高純度に精製して取り出し、肥料として農地に還元する実証実験を行い、資源の有効活用に取り組んでいます。
実証実験終了後は、下水道から回収した、高品質な「こうべ再生リン」を使用した園芸用肥料を、水ingエンジニアリング株式会社と協同開発し、2019年にJA兵庫六甲にご協力いただき、販売を開始しました。

スイートコーン/sweet corn

スイートコーン/sweet corn

Kobe Harvest Project

Since January 2013, we have been practicing effective utilization of resources, along with the demonstration experiment of purifying and recovering phosphorus with high purity from digested sewage sludge and returning it to agricultural land as fertilizer.
After the experiment, with Swing Engineering Corporation, we have developed fertilizers for vegetables and flowers, using the recovered phosphorus named "Kobe recycled phosphorus".
In 2019, thanks to the support of Japan Agricultural Cooperatives Hyogo Rokko, we started selling it.

KOBEハーベスト/Kobe Harvest

こうべハーベスト/Kobe Harvest

市民に開かれた処理場を目指して

復旧した護岸の一部を遊歩道として整備し、市民の皆さまに開放しています。遊歩道には、アーモンドの木を植栽しています。
アーモンドが満開となる3月には、多くの皆様にアーモンド並木の美しさをお楽しみいただいています。

アーモンドの花と消化タンク/blooming almond trees and digestion

アーモンドの花と消化タンク/blooming almond trees and digestion tanks

Aiming for a Plant open to the public

The revetments have been restored as a walking trail, and it is open to public as the “Promenade with almond trees”.
When almond blossoms are in full bloom, many people enjoy viewing its beautiful atmosphere.

English Map

東灘処理場
所在地: 〒658-0025神戸市東灘区魚崎南町2丁目1-23
最寄り駅: 阪神「魚崎」駅または「青木」駅から徒歩約20分
JR「摂津本山」駅から市営バス34系統「魚崎中学校前」下車徒歩約5分
JR「住吉」駅から市営バス35系統「魚崎南町2丁目」下車徒歩約5分
電話: 078-451-0456
受付時間: 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・年末年始以外)

Higashinada WWTP
Address: 2-1-23, Uozaki Minamikachi, Higashinada-ku, Kobe, 658-0025, Japan
Access: 20 minutes’ walk from Hanshin Uozaki Station or Hanshin Ōgi Station
5 minutes’ walk from Uozaki Chugakko Mae Bus Stop (Kobe City Bus, Line 34)
5 minutes’ walk from Uozaki Minamimachi 2-chome Bus Stop (Kobe City Bus, Line 35 or Line 45)
Telephone: +81-78-451-0456
Hours: on weekdays (Monday to Friday), from 9 a.m. to 5 p.m.
Closed: on Saturdays, Sundays, national holidays, and during the year-end and New Year holidays

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階

Management Division, Sewage Works Department
Public Construction Projects Bureau, City of Kobe
Contact: Concordia Kobe Bldg., 3rd Floor, 3-1-7, Isobe-dori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo, 651-0084, Japan
TEL: 81-78-806-8709, FAX: 81-78-322-6090