ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 三田市民病院と済生会兵庫県病院の再編統合による北神・三田地域の急性期医療の充実について

最終更新日:2022年6月2日

三田市民病院と済生会兵庫県病院の再編統合による北神・三田地域の急性期医療の充実について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月2日)

令和4年3月25日に神戸市長及び三田市長に提出された北神・三田地域の急性期医療の確保に関する検討委員会の報告書を踏まえ、神戸市・三田市・済生会兵庫県病院の三者で協議を行った結果、三田市民病院と済生会兵庫県病院が再編統合して新病院を整備することにより、北神・三田地域の急性期医療の充実を目指すこととしました。

1.三者の役割分担(整備・運営主体)

(1)三田市:再編統合病院の設置者

(2)済生会兵庫県病院:再編統合病院の運営者(三田市から社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会への指定管理を予定)

(3)神戸市:北神地域の急性期医療を確保するための財政支援

2.病床規模

400床~450床

3.整備場所

三田市民病院と済生会兵庫県病院の中間地点(神戸市域)付近

4.整備費、運営費の負担

(1)整備費

①三田市:整備費の2/3を負担します。ただし、再編・ネットワーク化に関する病院事業債(特別分)の措置により、整備費全体の約40%について普通交付税措置予定です。

②社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会:再編統合新病院の整備費の1/3を負担します。

③神戸市:再編統合新病院の用地を確保します。また、三田市の実質負担額のうち、救急医療及び周産期医療に係る病床分を対象に、両病院の入院患者総数に占める神戸市民の入院患者の割合を支援します。

(2)運営費

社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会が負担します。ただし、三田市は、救急医療や周産期医療などの政策医療等について、社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会に対する指定管理料として負担します。

神戸市は、救急医療及び周産期医療に係る収支不足額相当額を対象に、前年の入院患者数に占める神戸市民の入院患者の割合を社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会に対して支援します。

5.今後のスケジュール(予定)

令和4年度~6年度:統合病院用地調査・用地確保、基本計画策定

令和7年度~:設計・工事

令和10年度:新病院開院

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア