ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 神戸市のDX > EBPM(エビデンスに基づく政策立案)の推進

EBPM(エビデンスに基づく政策立案)の推進

最終更新日:2022年11月7日

ここから本文です。

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング/エビデンスに基づく政策立案)とは、政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすることです。
政策効果の測定に重要な関連を持つ情報や統計等のデータを活用したEBPMの推進は、政策の有効性を高め、市民の行政への信頼確保に資するものです。
神戸市では、EBPMを推進するべく、様々な取組を行っています。

「神戸データラウンジ」における行政データの利活用

神戸市ではEBPM(データに基づく政策形成)を神戸市全体で推進するため、行政データの利活用を進めています。

①各基幹系システムから行政データを抽出・抽象加工・蓄積
②抽象加工後のデータを統計加工し、可視化(ダッシュボード等)
③可視化されたデータ(統計加工データ)を神戸市職員向けサイト「神戸データラウンジ」にて共有
④各職員が可視化されたデータを分析し、政策立案に活用

ebpm01

Data StaRt Award~第7回地方公共団体における統計データ利活用表彰~で総務大臣賞を受賞しました!

行政データの取扱いについて

神戸市ではすべての取組において、神戸市個人情報保護条例に規定された適切な手続きを行い、また神戸市情報セキュリティポリシーを踏まえて実施しています。
 

行政データの利活用に関する有識者会議の開催

政策形成等における行政データの利活用を進めるにあたり、専門的な見地から幅広く意見を求め、職員間のデータの共有等に関する論点などを検討するため、「行政データの利活用に関する有識者会議」を開催しています。

(報告書)
中間報告書(PDF:1,402KB)

(資料)
・資料1:開催要綱(PDF:109KB)
・資料2:名簿(PDF:125KB)
・資料3:第1回資料(PDF:2,976KB)
・資料4:第2回資料(PDF:2,750KB)
・資料5:第3回資料(PDF:1,342KB)

(過去の開催案内)
第1回(令和4年5月24日開催)
第2回(令和4年7月5日開催)
第3回(令和4年8月8日開催)
 

「データでみる神戸」によるデータの公表・可視化

統計情報・オープンデータ・マップなどを市民の皆さま向けに分かりやすく公表しています。
詳細は以下リンク先をご覧ください。
データでみる神戸
 

お問い合わせ先

企画調整局政策課