現在位置

ホーム > 防災・安全 > 防災 > LINEを使った災害情報共有システム

更新日:2020年2月5日

LINEを使った災害情報共有システム

ここから本文です。

神戸市は、「AI防災協議会」と連携して、LINEチャットボットによる情報共有システムの開発を支援してきました。
このシステムは、自然災害が発生した際などに、皆さんのスマートフォンから、周囲の情報を提供いただき、その情報を地図などに整理・集約し、WEB上で共有するものです。
阪神・淡路大震災から25年を迎える令和2年1月17日には、1万人の参加者で実証訓練を行いました。今後、実際の災害でも活用を進めていきます。

「災害情報共有システム」の登録方法

  • 友達登録はこちらから(1)LINEチャットボット「SIP-KOBE実証訓練」と友だちになってください。
  • スマホの方はこちらから友だち登録できます(外部リンク)
  • 右のQRコードでも登録できます
  • (2)災害が発生したり、予想される場合には、友だちになったチャットボットが、まちの状況を聞いてきます。その「呼びかけ」に応じ、画像やコメントなどを送り返してください。みんなから寄せられた情報は、皆さんのスマホ等で確認いただけます。

SNSを使った情報共有のルール啓発動画

SNSを使った情報共有のルール啓発動画「ご存知?災害の時のSNS心得5か条」を
KOBE動画チャンネルで公開しております。合わせてご視聴ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室総務担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階