ホーム > 文化・スポーツ > 芸術文化 > 芸術文化 > 神戸ジャズ100周年記念事業

神戸ジャズ100周年記念事業

最終更新日:2024年5月15日

ここから本文です。

背景・事業趣旨

1923年に神戸でプロバンドによるジャズが初めて演奏されてから、2023年で100周年を迎えた。これを契機として、様々な企画を通してまちの賑わいを創出するとともに、全国に「ジャズの街神戸」を発信する取り組みを行った。

取り組み内容

オープニングセレモニーの開催photo

・日時:4月2日(日曜)
・場所:神戸旧居留地オリエンタルホテル
・内容:神戸ジャズ100周年記念事業のオープニングとしてジャズダンサーとコラボしたセレモニーを開催。

兵庫デスティネーションキャンペーンとの連携photo

・日時:7月1日(土曜)11時30分~
・場所:JR神戸駅・デュオドーム
・内容:7月~9月の兵庫デスティネーションキャンペーン(兵庫テロワール旅)のオープニングセレモニーとして、JR神戸駅ホームでジャズの演奏を実施。また、JR神戸駅近隣にあるデュオドームでジャズライブを開催した。

ハーバージャズナイトの開催

・日時:9月11日(月曜)~17日(日曜)17時00分~21時00分
・場所:神戸ハーバーランド・高浜岸壁(中央区東川崎町1丁目)
・内容:100年前から現代までの各時代に流行ったジャズの演奏など、ジャズ100周年の歴史を感じられるような取り組みとともに、パレードやダンスなども含めたステージを展開。併せて、飲食ブースも設置し、神戸ならではの食材やお酒を提供した。
ハーバージャズナイト_パンフレット(PDF:1,604KB)

KOBE JAZZ CENTENNIAL(神戸ジャズセンテニアル)の開催

・日時:10月22日(日曜)10時00分~17時40分
・場所:三宮・旧居留地のまちなか7会場
・内容:神戸ジャズ100周年を機に市民が立ち上げたまちなかジャズフェスティバル。一般公募で選ばれた37組と、プロのアーティスト5組が神戸のまちなかで演奏した。
KOBE_JAZZ_CENTENNIAL_パンフレット(PDF:5,770KB)
KOBE  JAZZ  CENTENNIAL ホームページ(外部リンク)

ジャズの流れる街づくり

兵庫デスティネーションキャンペーン期間(7~9月)を中心に、JRや市営地下鉄などの駅構内、バス車内(ポートループ、シティループ)神戸空港、地下街、駐車場といったまちなかの至るところでジャズBGMを放送。
放送場所一覧(PDF:549KB)

中学校へのジャズアーティスト派遣photo

ふるさと納税により集まった寄付金を活用して、市内中学校にジャズアーティストを派遣し、ライブ演奏会を開催。

その他

大丸神戸店で開催される洋菓子フェスタとコラボしたり、市内全9区でジャズイベントを開催したりと、さまざまなイベント・取り組みを実施しました。
年間スケジュール(PDF:8,133KB)

神戸ジャズ100周年特設サイト

「神戸ジャズ100th」(外部リンク)

お問い合わせ先

文化スポーツ局文化交流課