ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 異人館 > 神戸市北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区 > 伝統的建造物に関する助成制度、税の優遇制度について

伝統的建造物に関する助成制度、税の優遇制度について

最終更新日:2022年11月1日

ここから本文です。

神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区内の伝統的建造物保存に関する助成について

「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区保存計画」、「神戸市伝統的建造物群保存地区保存助成金交付要綱」に基づいて助成制度を策定し、伝統的建造物群保存地区の保存に努めています。

主な保存助成

  • 伝統的建造物の外観の修理・耐震(※構造耐力上主要な部分を含む。)
    助成対象経費の3分の2以内(設計・工事監理費、工事費)
  • 伝統的建造物以外の外観の修景
    助成対象経費の2分の1以内(限度額1,200万円)
  • 防災設備の設置
    監視カメラ等:助成対象経費の2分の1以内(限度額30万円)
    簡易水道消火装置:助成対象経費の2分の1以内(限度額25万円)

伝統的建造物に関する固定資産税・都市計画税・相続税の優遇制度について

伝統的建造物について、次のような税の優遇制度があります。

固定資産税・都市計画税:伝統的建造物は非課税(※土地は課税)
詳細は、固定資産税課(078-647-9400)にお問い合わせください。

相続税の軽減:財産評価額の30/100を控除
(※家屋及び構造物、一体をなして価値を形成している土地を含む)
詳細は、神戸税務署(078-391-7161)にお問い合わせください。

お問い合わせ先

文化スポーツ局文化財課