神戸市-KOBE-


市街地西部地域活性化の取り組み

最終更新日
2019年6月4日

1.市街地西部地域について

ここで考えている市街地西部地域とは、主に長田区・兵庫区の国道2号線より南側と、JR新長田駅南再開発エリア、及び中央区東川崎町(4〜7丁目)を指します。
当地域の活性化のため、本市ではさまざまな取組みを実施しています。

2.プロモーションWebサイト「シタマチコウベ」

市街地西部地域における夜間・昼間・交流人口の増加につなげることを目的として、
地域の魅力発信を行うプロモーションWebサイト「シタマチコウベ」を構築し、平成30 年3月30 日より公開しています。

3.アーティスト・クリエイター等の活動拠点支援事業

アーティスト・クリエイター等の転入・集積による地下鉄海岸線沿線・市街地西部地域の新たなイメージの定着、ブランディングをはかり、夜間・昼間・交流人口の増加につなげていくことを目的に、アーティスト・クリエイター等の方の活動拠点開設にかかる補助を実施しています。

※募集期間:令和元年5月10日〜6月28日
※対象期間:平成31年4月1日〜令和2年2月29日

4.動画「地下鉄海岸線沿線おさんぽ撮影会」

 平成29年7月1日より交通局が実施する「地下鉄海岸線中学生以下フリーパス」の利用開始にあわせ、神戸芸術工科大学への研究委託により、地域の魅力や雰囲気を撮影した動画「地下鉄海岸線沿線おさんぽ撮影会」を制作しました。

 地域住民やまちの活性化等に取り組んでいる方々にご協力いただき、駒ヶ林駅、和田岬駅、御崎公園駅の周辺において、地域の子ども達がまちを歩き、子どもの視点でまちの魅力を発掘する撮影会を実施し、子ども達が撮影した映像や、撮影会の様子などをもとに制作した動画となっています。

【ショート版】(約30秒)


【フル版】(約3分)

<主な撮影場所>
 鉄人広場(若松公園)、六間道商店街、rokkenmichi-3、丸五市場、はっぴーの家ろっけん、兵庫運河(新川運河キャナルプロムナード、浜山プロムナード)、ノエビアスタジアム(御崎公園)、カルチア食堂、和田神社、三石神社、笠松商店街、淡路屋、兵庫大仏(能福寺)

<制作>
神戸芸術工科大学 曽和研究室

5.地下鉄海岸線・市街地西部活性化コンソーシアム

平成26年4月に立ち上げた「地下鉄海岸線・市街地西部活性化プロジェクトチーム」を発展的に解消し、夜間・昼間・交流人口、地下鉄海岸線乗客者数を増加させるため、地下鉄海岸線・市街地西部活性化プロジェクト事業の創出および実現・定着に向けた支援を行うとともに、活性化に取り組む事業者間の連携を深め、さらなる展開を図ることを目的に平成27年5月1日に設置しました。

【メンバー名簿】

(外部メンバー) 
永田 宏和   デザイン・クリエイティブセンター神戸副センター長、
          NPO法人「プラス・アーツ」理事長
松原 永季   有限会社スタヂオ・カタリスト代表
和田 真理子  兵庫県立大学経済学部准教授

(市役所内関係部署)
企画調整局未来都市推進課     
経済観光局経済部経済政策課
都市局計画部都市計画課
都市局市街地整備部市街地整備課
兵庫区総務部まちづくり課 
長田区総務部まちづくり課
交通局経営企画部営業推進課      

※その他必要に応じてアドバイザーを加える。

6.その他の主な取組み

地下鉄海岸線・市街地西部活性化プロジェクト

地下鉄海岸線の乗客増・市街地西部地域の活性化に向けて、広く事業者から、自らが実施主体となる新たな活性化策を募集しました。
平成26年度に10事業、平成27年度に5事業の計15事業を採択し、各事業者とともに、事業の実現・定着をはかりました。
※平成29年度末で、全ての事業について実施指定期間を終了しています。

地下鉄海岸線沿線周辺のイベント・観光情報等の広報

 地下鉄海岸線沿線周辺のイベント情報等を発信するため、地下鉄海岸線の全駅(「三宮・花時計前駅」から「新長田駅」までの10駅)に「市街地西部活性化専用掲示板」を設置しており、中央区、兵庫区、長田区の主催・共催等により実施するイベント等の情報を、海岸線を利用されるお客様にお知らせすることで、イベント等の集客効果を高め、にぎわいのあるまちづくり、地域の活性化を図っています。

 また、平成26年には、中央・兵庫・長田の地下鉄海岸線沿線区を、地下鉄海岸線を軸とした一体的なエリアと捉え、域内に所在する地域資源の情報を発信し、当該区域を神戸における新たな観光エリアとしてPRすることを目的に、「知っとお?神戸 地下鉄海岸線沿線 こうべ下町観光ガイド」と題したパンフレットを作成しました。
(※パンフレットに掲載の情報は、平成26年3月時点のものです。)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。