最終更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

2022年度 学生海洋ビジネスアイデアコンテストの開催

あなたのアイデアが海洋都市【神戸・静岡・横浜】を変える!
2022年度 3都市共催 学生海洋ビジネスアイデアコンテスト提案募集

本市では、海洋産業の振興を目指し、関係団体等とのネットワーク構築や次世代の人材育成等様々な事業を展開しています。
このたび、同じく海洋産業の振興等に向け取り組みを推進している静岡市、横浜市とともに、学生を対象とした「学生海洋ビジネスアイデアコンテスト」を実施します。
海洋に関する課題やポテンシャルを踏まえ、それを解決または展開することで、ビジネスへの発展が期待されるようなアイデアや、地域を活性化させるようなアイデアを募集します。
3都市の海、全国の海をより魅力的なものにするための提案をお待ちしております!
アイデアコンテストトップ

※12月1日(木曜日)に、応募者(エントリーシート提出者)に対して、一次審査(書類選考)結果のメールをお送りしています。
 万が一メールが届いていない場合は、以下までご連絡ください。

 ocean@office.city.kobe.lg.jp
(@office.city.kobe.lg.jpのメールが受信できるよう、ドメインの設定をお願いします。)

開催概要

1.募集テーマ
<課題テーマ>
SDGs14 海の豊かさを守ろう
SDGs14

①水産資源の確保
水産資源の確保

提案例:
サクラエビやいかなご等の漁獲量の減少、世界情勢に伴う水産資源の販売価格の高騰に対するアイデアや、水産資源確保のための取組(漁獲時のAI活用や陸上養殖など)

②海洋環境保全
海洋環境保全

提案例:
クジラとの接触事故やバラスト水注排水による外来種の流入など、海上輸送の広範囲化・高速化による海洋環境への影響を少なくするための取組

③海洋資源・廃棄物の利活用
海洋資源・廃棄物の利活用

提案例:
未利用又は低利用の水産物の活用や、海洋プラスチックなどの海洋に関連するごみを再利用・商品化するための取組

<自由テーマ>
④海を活用したビジネスアイデア
課題テーマ以外の海を活用したビジネスアイデア
⇒海洋に関わるテーマについて、自由な発想でご提案ください!

①~④のうち「1つ」テーマを選び、ご応募ください。
2.応募対象者
全国の大学院・大学・短期大学・専門学校・高等専門学校・高等学校の学生
※グループ・ゼミ・研究室単位の応募も可能です。
3.募集期間
2022年7月22日(金曜日)~2022年10月30日(日曜日)
※応募受付は終了しました。
4.審査の流れ
■一次審査(書類選考)
・①~④のテーマより4組を選定します。(※各テーマから1組ずつ選定されるとは限りません。)
・選考結果は、11月下旬~12月上旬頃までに連絡先のメールアドレスに直接通知します。
<評価項目>
【論理性】:選択テーマの背景や課題を適切に捉え、論旨に根拠や一貫性がある。
【独創性】:これまでの取組にはない斬新な発想であり、工夫を凝らしたアイデアである。
【実現性】:技術的な論点があり、想定されるリスクへの対策が講じられている。
【汎用性】:自治体にて導入を検討してみたいアイデアである。全国的に展開しうるアイデアである。

■最終審査(公開プレゼンテーション)
・2月頃開催予定の横浜市主催のイベントにて、「公開プレゼンテーション」による審査を実施する予定です。
・審査員による審議で優秀賞、最優秀賞を決定します。

■最優秀賞受賞者プレゼン発表
・最優秀賞受賞者には、3月開催予定の静岡市主催のイベントにて、「プレゼン発表」をして頂く予定です。
・静岡市内会場までの交通費等を補助予定です。(上限あり)

応募方法(※応募受付は終了しました)

以下の募集要領を確認し、エントリーシートをダウンロードのうえ、データをメールで送付してください。
・チラシ、募集要領(PDF:755KB)
・エントリーシート(WORD:28KB)
送付先:
神戸市企画調整局政策課
ocean@office.city.kobe.lg.jp

表彰

最優秀賞:1組 賞金 10万円
優秀賞 :3組 賞金 5万円

主催・共催

主催:神戸市・静岡市・横浜市
神戸市 静岡市 横浜市
共催:静岡市海洋産業クラスター協議会・海洋都市横浜うみ協議会

問合せ先

神戸市企画調整局政策課
ocean@office.city.kobe.lg.jp
静岡市経済局産業政策課
sangyouseisaku@city.shizuoka.lg.jp
横浜市政策局政策部政策課
ss-kaiyotoshi@city.yokohama.lg.jp

参考

昨年度の受賞アイデアはこちらから

お問い合わせ先

企画調整局調整課