現在位置

ホーム > くらし・手続き > 市税 > 固定資産税 > 家屋の評価について > 新築住宅に対する減額措置

更新日:2020年4月24日

新築住宅に対する減額措置

ここから本文です。

新築住宅に対する減額措置

新築された住宅について、新築後の一定期間、固定資産税が減額されます。
※都市計画税は減額されません。

減額対象

専用住宅や併用住宅のうち、以下の要件をすべて満たすものが対象となります。

  • 令和4年(2022年)3月31日までに新築された住宅であること。
  • 居住部分の床面積が当該家屋の床面積の2分の1以上であること。
  • 居住部分の床面積が50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅の場合は40平方メートル)以上280平方メートル以下であること。
  • ※居住部分の床面積は、分譲マンション等の区分所有家屋については、「専有部分の床面積+持分で按分した共用部分の床面積」で判定します。また、賃貸マンション等についても、独立的に区画された部分ごとに区分所有家屋に準じた方法で判定します。

減額割合・減額期間

住宅の階層等 居住部分の床面積 減額対象 減額割合 減額期間
一般の住宅
(下の住宅以外)
50(40)平方メートル~120平方メートル 居住部分全部 1/2 3年度分
120平方メートル~280平方メートル 居住部分の内120平方メートル相当分
3階建以上の耐火構造
または準耐火構造の住宅
50(40)平方メートル~120平方メートル 居住部分全部 5年度分
120平方メートル~280平方メートル 居住部分の内120平方メートル相当分

※耐火構造、準耐火構造とは、建築基準法の規定によるものです。
※二世帯住宅で戸数が二戸と認定されるには、以下の構造上の独立・利用上の独立のいずれの要件も備えていることが必要です。

  • 構造上の独立:隔壁(間仕切壁)、取り外しのできない建具(開閉できるものでもよい)、階層等によって他の部分と完全に遮断されていること。
  • 利用上の独立:独立して居住用建物としての用に供することができるもので、各戸ごとに出入口があり、居間のほかに設備として炊事場・便所が最低限備えられていること。

認定長期優良住宅に対する減額措置

令和2年(2020年)3月31日までに新築された認定長期優良住宅(通常の住宅と比べて特に長期にわたり良好な状態で使用できる構造や設備を備えているとして着工までに市の認定を受けた住宅)に限り、上記の減額期間が延長されます(3年⇒5年、5年⇒7年)。
長期優良住宅の減額措置を受けるには、新築された年の翌年の1月31日までに固定資産税課に申告が必要です。

申告の手続き

問い合わせ先

固定資産税課(新長田合同庁舎4階)
※お問い合わせには、各区役所市税の窓口のテレビ電話もご利用いただけます。

市税に関するお問い合わせ先

※「長期優良住宅」の認定に関するお問い合わせについては、下記の長期優良住宅の普及促進事業をクリックしてください。

提出していただく書類

なお、申告書の提出時には、個人番号(マイナンバー)の確認及び本人確認ができる書類を提示してください。詳細は、下記のリンク先ページに簡略版と詳細版を掲載していますので、ご確認ください。

こうべ市税のページHOMEへ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局税務部固定資産税課 

〒653-8762 神戸市長田区二葉町5丁目1-32 新長田合同庁舎4階