神戸市-KOBE-


試掘調査

最終更新日
2011年8月26日

申請用紙

周知の埋蔵文化財の包蔵地範囲内外で土木工事を行う場合、試掘調査を行う際の承諾書です。

事務の根拠

事務の概要

周知の埋蔵文化財包蔵地(古墳・城跡・寺院跡・集落跡等、遺跡と呼ばれている場所)の範囲内及び範囲外で土木工事を行う場合は、埋蔵文化財の保護の資料を得るため、下記の事例において、試掘調査が必要になります。

但し、土木工事の内容により、文化財の取扱いが、異なる場合がありますので、事前に確認して下さい。

担当部署

教育委員会事務局文化財課埋蔵文化財係

事務の流れ

1.埋蔵文化財試掘・確認調査承諾書の作成

2.審査(受付)

審査のめやす(試掘調査後の取扱い)

1.試掘調査の結果、埋蔵文化財が確認された場合で、工事によって、埋蔵文化財に影響を及ぼす場合は、発掘調査が必要となります。

2.試掘調査の結果、埋蔵文化財が確認された場合で、工事の影響深度が、埋蔵文化財を包含する層の上面から30cm以上の保護層を確保できない場合は、工事立会が必要となります。

3.試掘調査の結果、埋蔵文化財が確認されなかった場合は、施行計画のとおり、工事の実施は可能です。

標準処理期間(処理期間のめやす)

試掘調査終了後、通常10日程度。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。