神戸市-KOBE-


神戸市外からの転入手続き

最終更新日
2017年7月1日

 神戸市外から神戸市へ引越してこられたときの届出です。届出期間は、転入された日(引っ越してこられた日。旧住所の市町村での転出届の届出日ではありません。)から14日以内です。 

 転入される世帯員(ご家族)のうち、マイナンバーカード(個人番号カード)又は住民基本台帳カードをお持ちの方がおられる場合は、転出転入の特例手続きをしていただけます。

届出先

 新しくお住まいになる区の区役所・支所の市民課(※)、西神中央出張所


※須磨区については、住所によって届出先が須磨区役所市民課と北須磨支所市民課に分かれます。お届けいただく前に所管区域をご確認ください。


*北区にお住まいになる方は北神支所、
  西区にお住まいになる方は西神中央出張所でも届出ができます。


必要なもの

日本国内の神戸市外からの転入

国外からの転入

転入される方全員のパスポート
入国時にICチップの入ったパスポートで自動化ゲートを利用した場合は、パスポートに入国日が記入されません。入国日を確認するため、自動化ゲート通過時に、入国スタンプ(証印)を押してもらうか、航空券の半券をお持ちください。

日本人住民の方は、転入される方全てが記載された戸籍謄本及び附票(ただし、転入する区に本籍がある場合、又は5年以内に同じ区に転入される場合は不要)

外国人住民の方は、パスポート、特別永住者証明書又は在留カード(空港等で交付されなかった場合は不要)
外国人住民の方で、家族で転入される場合は、本国の官憲が発行した家族関係がわかる証明書(家族事項証明書、婚姻証明書等)とその訳文

届出の資格・その他

※届出の資格があるのは、引っ越しをされた本人(未成年の場合は親権者)か転入先世帯の世帯主です。届出を委任される場合は、委任状を代理人に預けてください。その場合は、代理人の印鑑及び本人確認書類も必要です。
※小・中学校に行かれているお子さんがおられる場合、学校の手続きも一緒に行いますので、受付の職員に申し出てください。前の学校の在学証明書等をお持ちであればご提示ください。

届出後の住民票発行

 混雑している時や、終了時刻間際、または同時に戸籍の届出をされた場合は、住民票は即日発行できない場合があります。それ以外は即日発行できますので、窓口で所要時間をご確認ください。

届書

 窓口備え付けのものと同じ様式です。下記を印刷してお持ちいただいても結構です。

郵送による届出

 郵送による届出はできません。

その他の手続き

 転入に伴って手続きが必要なものについては、次に添付してあります「転入に伴う各種手続き」の一覧をご覧下さい。
 また、手続きの詳しい内容については、「手続きをする窓口」の欄に書いてあります担当課にお問い合わせください。

根拠法令

住民基本台帳法第22条、第26条、第27条、第28条、第28条の2、第28条の3、第29条、第29条の2、第30条の46、30条の49
出入国管理及び難民認定法第19条の9
日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法10条
行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第7条、第17条

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。