現在位置

ホーム > 区役所 > 北区 > 計画・取り組み > 茅葺きを中心としたまちづくり

更新日:2019年11月12日

茅葺きを中心としたまちづくり

ここから本文です。

北区には約700棟(平成27年度調査)の茅葺き民家が現存しています。
北区では、この茅葺き民家を「自然と共生する北区での里山暮らしのシンボル」として、「茅葺き」を通じた農村地域の景観保存、環境保全、環境啓発、地域コミュニティの活性化などを図っています。

北区の茅葺きについて

現存する民家建造物では日本最古と推定される箱木家住宅や、江戸中期に建てられた内田家住宅など茅葺き建築の重要文化財も多くあり、農村歌舞伎舞台も現存しています。また700棟を超える茅葺き民家が現存する北区は、日本でも有数の茅葺き家屋が残っている地区です。

箱木家住宅

内田家住宅

茅葺き屋根とふれあえるイベント

普段は公開されていない茅葺きの個人住宅や農村歌舞伎舞台などで、所有者の方等のご協力の下、様々なイベントがあります。
特に、毎年11月を中心とした「茅葺き屋根とふれあう月間」では、音楽コンサートや茅の葺き替え見学など多彩なイベントが開催されます。

イベントの様子

茅葺き屋根とふれあえるイベントの様子1

茅葺き屋根とふれあえるイベントの様子2

「茅葺き屋根とふれあう月間」とは

「茅葺き民家を活用する」ことを目的に、毎年11月を中心とした期間を「茅葺き屋根とふれあう月間」としています。月間の中では、地域団体との協働により「茅葺き」の魅力を伝える体験イベントやコンサートが開催されます。
茅葺きの舞台を用いた農村歌舞伎上演会も、平成27年度からはこの月間の中で開催され、より多くの方に茅葺き屋根にふれてもらえる機会となっています。

農村歌舞伎の取り組み

北区には、地域の貴重な文化遺産である農村歌舞伎舞台が点在しています。戦前までは活発に農村歌舞伎が上演され、農村地域の住民による地芝居も盛んでしたが、戦後は演じられる機会が減少していました。
北区では現存する農村歌舞伎舞台の保存・継承・演じ手に対する育成の場の提供および農村と都市との交流の喚起を目的として、平成26年まで毎年4月に農村歌舞伎上演会を開催してきました。
平成27年度からは農村歌舞伎上演団体が主催となり、秋に農村歌舞伎舞台での上演会を開催しています。

農村歌舞伎の様子1

農村歌舞伎の様子2

平成31年度「北区農村歌舞伎上演会」出演団体募集

今年度の募集は終了しました。

平成30年度「小河農村歌舞伎上演会」を開催しました

小河農村歌舞伎上演会の様子
日時:平成30年11月4日(日曜)11時50分~
場所:北区山田町小河 大歳神社境内 農村歌舞伎舞台
出演:神戸すずらん歌舞伎、六甲丹生かぶき

農村歌舞伎チラシ

茅葺き民家調査について

北区では、平成2年度の調査(神戸市教育委員会)をベースとして、北区内に現存する茅葺き民家数とその所有者の方に対するアンケートの調査を平成20年度に行いました。
また、平成27年度には現存する市内の茅葺き民家に関する調査(神戸市住宅都市局)が行われました。

【北区内の茅葺き民家の現存数の変化】
平成2年 約1,000棟→平成20年 約750棟→平成27年 約700棟

関連ページ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

北区総務部まちづくり課 

〒651-1195 神戸市北区鈴蘭台北町1丁目9-1