現在位置

ホーム > 防災・安全 > 救急医療 > とっさのときの救急知識

更新日:2019年11月1日

とっさのときの救急知識

ここから本文です。

まずは「かかりつけの医師・歯科医師」に相談を!!

かかりつけの医師・歯科医師をもちましょう

生活習慣病などの慢性の病気が多くなってきている現在、自分の体質やライフスタイル、家族がかかったことのある病気のこともよく知っている「かかりつけの医師・歯科医師」を持つことが大切です。
より専門分野の治療や検査が必要なときには、適時他の医療機関に紹介してもらえますので、かかりつけの医師・歯科医師に相談しましょう。

救急知識

応急手当法

心肺蘇生法

外部リンク

救急車の適正利用

救急車の安易な利用は、本当に必要としている患者の生命に関わることもあります。正しく利用しましょう。次のような場合は、救急車の利用はできません。

  • 緊急性のない軽い病気やけが
  • 病気やけがのない酔っぱらい
  • お産のための入院やタクシー代わりの利用
  • マイカーやタクシーなどで行ける場合

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局健康部地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階