神戸市-KOBE-


ウェブアクセシビリティへの基本的な考え方

最終更新日
2018年3月31日

神戸市におけるウェブアクセシビリティへの基本的な考え方は、以下のとおりです。

1. すべての利用者がストレスなく神戸市ホームページを利用できることを目指します

 神戸市ホームページを利用する方の障害の有無や年齢などの身体的な特性に関わらず、またホームページを閲覧する場所や機器などの利用環境に関わらず、神戸市がホームページを通じて提供する情報や機能を利用できることを目指し、ウェブアクセシビリティへの取り組みを進めることが重要と考えています。
 神戸市は、利用者の特性や環境、ニーズを把握し、より快適で見やすく、使いやすいホームページを実現していきます。

2. 日本工業規格(JIS X 8341-3:2016)及び「みんなの公共サイト運用ガイドライン」を活用します

 神戸市では、ウェブアクセシビリティへの取り組みの到達度を測る指標として、日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3 部:ウェブコンテンツ(JIS X 8341-3:2016)」を用います。
 また、「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」(総務省)及びウェブアクセシビリティ基盤委員会が提供している文書や各種ガイドラインの内容を参照しながら取り組みを進めてまいります。

3. 全庁的に取り組みます

 ホームページは日々更新されていきます。ウェブアクセシビリティを維持・向上していくためには、ホームページの管理を統括する広報課だけの取り組みではなく、ホームページの運営にかかわるすべての職員が一丸となって取り組むことが不可欠です。
 神戸市では、ホームページに関わる職員の意識向上や技術面での支援を積極的に行い、市全体でウェブアクセシビリティの維持・向上に取り組んでいきます。

4. 継続的に取り組みます

 上記3.とあわせて、ウェブアクセシビリティを維持・向上していくためには、担当者や担当部署に依存しない継続的な取り組みが重要です。
 また新しいウェブコンテンツ技術を適切に取り入れてより使いやすいウェブサイトに向けて取り組みを継続していくことも求められています。
 神戸市は、ウェブアクセシビリティの維持・向上に継続的に取り組んでいきます。

5. 様々な考え方をバランス良く取り入れます。

 ホームページでの情報発信については、セキュリティ対策や迅速な情報の発信、訴求力を高める工夫など、様々な取り組みが求められています。
 神戸市は、ウェブアクセシビリティに加え、様々な視点の考え方を取り入れるとともに、バランスを考慮しながら取り組みを進めていきます。