神戸市-KOBE-


子育て世帯の銭湯利用促進事業(銭湯 親子割引)

最終更新日
2018年5月21日

事業概要

神戸市内39箇所の一般公衆浴場(いわゆる昔ながらの銭湯)において、月4回を上限として、親子で銭湯を利用すると、子ども(18歳以下)の入浴料金が無料になります。さらに、子ども一人につき、親(または祖父母)一人の通常料金(430円)が210円に割引となります。

利用対象者

神戸市内に在住する子ども及びその親又はその祖父母。(祖父母については市外在住者も含む。)
※子どもが親又は祖父母と同時に銭湯を利用する場合に適用されます。
※平成31年3月31日時点で18歳以下の子どもが対象となります。

チケットを利用できる銭湯一覧

申請書

変更届

問い合わせ先

神戸市イベント案内・申込センター
電話番号 333-3372 FAX 333-3314

申請受付部署(郵送先)

保健福祉局健康部生活衛生課
(〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5−1 神戸市役所1号館6階)
電話番号 322-5265

申し込みの流れ

1 上記の「入浴助成申請書」に必要事項を記入する。
※書類に不備があった場合、連絡することがありますので、電話番号も記入してください。

2 利用しようとする方全員分(申請書に記載している方)の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)をコピーする。
 ※必ず「住所」、「氏名」、「生年月日」が確認できるようにコピーしてください。健康保険証等、一部の本人確認書類では、裏面に現住所が記載されていることがあります。その場合は、裏面もコピーしてください。

3 「入浴助成申請書」及び「利用しようとする方全員分の本人確認書類のコピー」を申請受付部署あて郵送で申し込んでください。

4 審査の結果、利用を決定した場合、チケットを送付します。
  利用開始月の前月の月末までにチケットを送付します。
  (例:7月15日までに申し込みをされた場合は、7月末に送付します。)

 ※年1回の申し込みで、利用開始月から年度末分までのチケットを一括で送付します。
 ※チケット裏面には、申請書に記載された方全員の氏名を印字します。

チケット交付の流れ

申し込み締切

利用を開始しようとする月の前月15日(必着)までです。

チケットの利用方法

1 チケット裏面に当日入浴する方全員の押印をする。
 ※当日入浴されない方は押印しないようにご注意ください。
 ※各利用者自身の印鑑を押してください。(自身の印鑑をお持ちでないお子さんについては、親御さんの印鑑を押してください。)
2 押印済みのチケットを銭湯に持っていき、割引後の料金を支払う。
 ※チケットは銭湯に提出後、回収されます。

チケット利用方法

入浴助成対象者に変更があった場合

1 新たに利用しようとする方がいる又は利用をやめる方がいる場合
(1)上記の「入浴助成対象者変更届」を印刷し、必要事項を記入する。
(2)新たに利用しようとする方がいる場合、その方の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)をコピーする。
※必ず「住所」、「氏名」、「生年月日」が確認できるようにコピーしてください。健康保険証等、一部の身分証明書では、裏面に現住所が記載されていることがあります。その場合は、裏面もコピーしてください。
(3)「入浴助成対象者変更届」、「未使用のチケット全て」及び「新たに利用しようとする方の本人確認書類のコピー」を申請受付部署に郵送してください。
(4)届出を受け付けた後、変更したチケットを送付します。
 ※チケットがお手元に届くまでに1週間以上かかりますのでご了承ください。
2 氏名の変更等その他の変更がある場合
 申請受付部署まで個別にお問い合わせください。

注意事項

チケットを紛失した場合、再交付できませんのでご注意ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。