• Facebook
  • Twitter

U30 CITY KOBE

  • FILM#01FILM#01
  • FILM#02FILM#02
  • FILM#03FILM#03
  • FILM#04FILM#04 SOON
  • FILM#05FILM#05 SOON

SCROLL▽

ABOUT

未来に向かって、可能性を信じ、
夢を追いかけて、頑張る人がいる。

「U30 CITY KOBE / UNDER THIRTY CITY KOBE」は、
神戸を拠点に、さまざまな分野で活躍する若者たちにスポットを当てた
ドキュメンタリーフィルムです。

出演する若者たちは活躍するフィールドや職業も様々。
ただ共通するのは、「夢を追い続けている若者たち」ということのみ。

彼らがどんな想いを胸に抱き、現在進行形で、
どんな夢に向かっているのか。
そんな彼らのリアルな姿に、限りなく近づきながら、
今と未来を感じさせるドキュメンタリーフィルムで迫ります。

最初から成功があるわけではない。
試行錯誤や困難を乗り越えてこそ、今がある。
成功体験だけに焦点を当てるのではなく、
ご覧いただくみなさんにとっても、
「よし、自分もがんばろう」と思えるような作品をお届けできればと思います。

「U30 CITY KOBE」
神戸という街には、今日も、成長するストーリーがある。

  • FILM01
  • FILM02
  • FILM03
  • FILM04
  • FILM05

MUSIC

「U30 CITY KOBE」のテーマ曲は、国内外で活躍する
神戸市在住・音楽プロデューサー「tofubeats」が作曲。

若い世代が何かに挑む姿を伝える「U30 CITY KOBE」。このフィルムのテーマ曲を作曲したのは、神戸市在住であり、まさに同世代でもある音楽プロデューサーのtofubeats氏。“神戸で頑張る若者への応援歌”という想いも込められた、躍動感あふれる「U30 CITY KOBE」オリジナルトラック。

tofubeats氏からのコメント
「神戸に暮らす20代として同世代の皆様へ、様々な目標へ向かう道中で、テンションを上げられるようなBGMになれば良いなと思い、制作させていただきました。」

曲のフルバージョンは、上部のON/OFFを
ONにしていただけるとお聴きいただけます。

音楽プロデューサーのtofubeatsさん
PROFILE
1990年神戸生まれ、神戸市在住。音楽プロデューサー/トラックメイカー。10代からインターネットを軸に活動をスタート。2013年4月に「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム「lost decade」を自主制作にて発売。同年秋には森高千里をゲストボーカルに向かえた「Don't Stop The Music」でメジャー・デビュー。
2014年10月2日(トーフの日)にメジャー1stフルアルバム「First Album」を発売。続く2015年にはEP「STAKEHOLDER」をリリース。そして9月16日に、岸田繁(くるり)、KREVA、小室哲哉、Dream Ami、玉城ティナらバラエティに富んだゲストが参加したメジャー2ndアルバム「POSITIVE」を、2016年1月にはそのリミックス・アルバムとなる「POSITIVE REMIXES」をリリース。
webサイト

FILM#03

BMXショップマネージャー 新川由貴さん YUKI SHINKAWA

MOVIE

BMXに魅了され、
神戸に魅了された。

20歳の時にBMXと初めて出合った新川さん。趣味でBMXに乗る友人に少し乗せてもらったことがきっかけだったとか。
「わりとスポーツには自信があって、なんでもすぐできる方だったので、自転車だし簡単だと思っていたらこれがとても難しくて。わ、これなんだろう。という驚きもあったし、できないのが、また悔しくてスポーツ魂に火がつきました。」と語る新川さん。
やがてBMXライダーとして練習に熱中する中、神戸が気になったという。「やはり、メリケンパークというロケーションが、私にとっては憧れで。あの場所で乗れたらいいなとずっと思っていました。」やがてその想いは行動に変わり、新川さんは大分県から神戸へ。
「大分から神戸はフェリーで一本なんですよ。その利便性も、私の夢を後押ししてくれたかな。」と新川さんは笑う。

BMXショップマネージャー 新川由貴さん YUKI SHINKAWA

夢を仕事にできるとは
思っていなかった。

大分県在住の頃から、会社の経理担当として働いていた新川さん。
神戸移住後も、その強みを生かし働く毎日だった。
「最初は会社できちんと働いて、趣味でBMXをしている感じだったので、それを仕事にするとは全然考えていなかったですね。ただ、やりたいことをいろいろ考えていた時期で、写真も好きだったし、グラフィックデザインの学校にも通いだしたりしていたのですけど、ちょうどそのときに、BMXのショップから誘いがありまして・・・。その時、“そうだ。BMXの世界だったら、ライダーの写真も撮れるし、デザインも求められることあるだろうし、人と会うことも好きだし、全部が叶う場所だ“と思って、決断しました。」
今ではお店のマネージャーとして、ライダースクールも定期的に開催して教えることも多い。「最近お子さんのライダーも多くてうれしいですね。難しい競技だけど、乗る楽しさを教えたくて。もっとメジャーなスポーツになったらいいなと思います。」

BMXショップマネージャー 新川由貴さん YUKI SHINKAWA

この1台で、友達は
何百人とできました。

BMXライダーとしても活躍する新川さん。
「もともと上がり症で、人と話すのが苦手でした。だから、目立つことをするのが大嫌いだったので、今でも、なぜ大きなステージや大会に出ているのだろうと不思議なんですよ。」
大会では、友人に成長を見せることが楽しみになっていると語る。「長い間、この競技を続けているので、大会に出場する選手は、だいたい知っている方ばかりですね。その時には、ライバル意識というよりも、私の成長を見てほしい。そこが喜びだったりします。
元々は人見知りなのに、このBMX1台のおかげで、友達が本当にたくさんできました。普通の話だと緊張してしまうけど、BMXという共通の話題なら、いろいろと話せる。私にとっては、スポーツであり、大切な自分の居場所をつくってくれる存在であり、人生を変えてくれた宝物でもありますね。」

BMXショップマネージャー 新川由貴さん YUKI SHINKAWA

BMXに乗る女性を
もっと増やしていきたい。

女性のライダーはまだまだ少ないBMXの世界。その中でも、光り続ける新川さんには、大切な夢がある。
「やっぱり、あんなふうな人になりたいなと思ってもらえるような存在になることが私の夢ですね。背中を見せていけるようなことができればと思っています。ただ、そのように思っていただくためには、BMXにちゃんと乗れていないと、何もはじまらないので、どんどんうまくなっていきたいですね。だからこそ、女の子ができっこないと思われている技をどんどんやっていきます。」

BMXショップマネージャー 新川由貴さん YUKI SHINKAWA

BMXショップマネージャー 新川由貴さん
PROFILE
1986年生まれ。大分県出身。BMXの本場、神戸に魅せられ、現在は神戸市在住。ガールズライダーとして、新しいBMXのシーンをつくるべく神戸で奮闘する傍ら、BMXショップマネージャーとしても励む日々。

FILM#02

義肢装具士 藤本和希さん KAZUKI FUJIMOTO

MOVIE

その人の、日常をつくる。

「義足をつくることで、その人の日常にひとつでも多くの楽しみをつくっていきたい」そう語るのは、義肢装具士・藤本和希。
ファッションにこだわり、友人の制作する映画にも出演し、一方でファッションショーや写真展、絵画展を企画するなど、興味があることは、全てやってきた10代。一通り挑戦した中で、次のライフステージでは“誰かのサポート役になる仕事をしたい”と思うように。その時、頭の中によみがえってきたのが、高校時代、サッカーによる足のけがでお世話になった義肢装具士という存在だった。
今では、神戸の大手義肢装具会社に勤め、義足専門の課に所属。ポートアイランドで行われた義肢装具士の学術大会(第23回日本義肢装具士協会学術大会)でも重要なポストを任され、ゲストスピーカーの通訳まで務めた。海外の義肢装具について深く理解するために、時間がある時は、ひたすらイヤホンで英語を学んでいる。
そんな彼の目標は「その人の暮らしにフィットする義足をつくること」、利用者の方との対話を大切にし、医師をはじめとした医療現場のスタッフともディスカッションしながら、一本の義足をつくっていく。
そう、全ては、“その人の暮らしにフィットする義足”をつくるために。

義肢装具士 藤本和希さん
PROFILE
1989年生まれ。高校時代、サッカー部の試合中に足のけがをしたことをきっかけに、義肢装具士の存在を知る。福祉系の専門学校を経て、神戸市内の義肢装具会社に就職。ISPO(国際義肢装具協会)認定の義肢装具士として、励む日々。

FILM#01

写真家 田中雅也 MASAYA TANAKA

MOVIE

写真は、全体像で撮る。

今、ファッション業界から熱い注目を浴びている若き写真家・田中雅也。
「完全なバランスより、ややアンバランスな個性を残しながら、全体像で撮る。」という彼の写真は、独創的な世界を生み、その評判は国内を越え、海外モデルエージェンシーからも人気が高い。
ファッション専門学校の学生時代、たまたま先生が持ってきていたブランド広告の写真を見て、「強い衝撃を受けた」と語る田中氏。服だけではなく、背景も含めた全体像の美しさにただ圧倒され、自分もこのような写真を撮りたいと決心。専門学校へ通いながら、フォトグラファーアシスタントとしての活動もスタートさせる。
現在、ファッションのみならず、ポスター等の広告キャンペーンにも携わる田中氏。
プロのカメラマンとして現在7年目、決して、苦労なしで来たわけではない。
どうすれば、自分のイメージする写真が撮れるのか。
それが分からず、ただただシャッターを切る、枚数だけが増える日々もあったという。
改めて自分と対峙し、挑み続けて見えてきた「自分らしい世界観」とは?
そんな写真家・田中雅也氏の育ってきたルーツから現在、そして未来へと迫ります。

写真家 田中雅也さん
PROFILE
1990年神戸生まれ、神戸市在住。フォトグラファーアシスタントを経て、スタジオフォトグラファーとして年間1000人以上の人物を4年間、撮り続ける。現在はフリーランスとして広告、ファッション、ビューティーの仕事を中心に活動中。
webサイト

To be continued...