神戸市-KOBE-


六甲・摩耶の活性化

最終更新日
2019年7月25日
  • [7月3日]六甲摩耶ポータルサイト構築・運用業務委託事業者を募集します。
  • [7月19日]六甲摩耶ポータルサイト構築・運用業務委託公募型プロポーザルについて、受付期間内にいただいた質問への回答を掲載します。
  • [7月25日]土地利活用促進ハンドブック「六甲山のススメ」について

土地利活用促進ハンドブック「六甲山のススメ」について

 海とまちに近接した自然豊かな六甲山。そのロケーションは唯一無二の魅力です。
ハードルが高そうな六甲山上で事業をする際の法規制を分かりやすくまとめたガイドブックを作成しましたので、ぜひご活用ください。
 
 <内容>
 事例紹介       : 実際に事業を始められた方へのインタビュー
 手続きフローチャート : 活用事例別の法手続きのフローチャート
 各種法令       : 各種法令の簡易な説明
 よくある質問     : よくある質問に対する回答集
 窓口         : 総合窓口の紹介と法令等所管部署の一覧

「六甲山グランドデザイン」を策定しました

 六甲山・摩耶山の魅力ある自然を活用し、自然保護との最適なバランスを保ちながら活性化を図ることを目的として、平成30年3月、地元住民や民間事業者、学識経験者に国、県、市が加わり立ち上げられた「六甲山再生委員会」において、六甲山の将来像(ビジョン)とそれを実現するための各種方策をとりまとめた「六甲山グランドデザイン」を策定しました。
 詳しくはこちらをご覧ください。

六甲摩耶ポータルサイト構築・運用業務委託事業者の公募型プロポーザル

現在、神戸市では六甲山の活性化に向け、都心部である三宮・新神戸から山のふもとまで急行バスを運行するなど、六甲山・摩耶山への誘客の取り組みを進めているところであるが、六甲山・摩耶山へのアクセスは多様なルートがあり初めての方には非常にわかりにくく、山上での回遊性の向上に繋がる情報も不足している状況にある。近年インバウンド観光客も増加しており、その観点からも対応する必要がある。
そこで、本業務により、観光客にとって都心部から山上へのアクセス、山上間の回遊性を向上させるなど、六甲山の活性化を目的とする必要な情報を取りまとめた分かりやすく利用しやすいポータルサイトを構築し、六甲山・摩耶山への誘客を促進する。


<募集期間>
令和元年7月4日(木曜)から令和元年7月18日(木曜)まで
詳しくは添付「実施要領」をご確認ください。

<問合せ先>
神戸市経済観光局観光企画課
神戸市中央区御幸通6丁目1-12 三宮ビル東館9階
電話078-322-6381 FAX078-322-6138

令和元年7月19日(金曜) 
受付期間内にいただいた質問への回答を掲載します。

【補助内容を拡充しました】六甲山「賑わい創出事業」の募集(終了しました)

 神戸市では、観光振興における重要な課題の1つである六甲山の活性化を実現するため、六甲山上の遊休化した企業保養所等を、行政と連携して、民間ならではの発想や創意工夫により提案者自身が建替や耐震化等のリニューアルを主体的に行う「賑わい創出事業」を募集します。
 2019(平成31)年度は、六甲山上エリアにおいて観光関連施設の新築を認める規制緩和も行われる予定であることから、対象となる事業を見直し、補助内容も大幅に拡充して実施します。
 
<募集期間>
2019(平成31)年3月8日(金曜)から2019(平成31)年5月8日(水曜)まで
詳しくは添付「募集要領」をご確認ください。

<問合せ先>
神戸市経済観光局観光企画課
神戸市中央区御幸通6丁目1-12 三宮ビル東館9階
電話078-322-6381 FAX078-322-6138

六甲山ブランディング事業に係る委託事業者の公募型プロポーザル(終了しました)

 本市では、神戸の観光振興における貴重な資源である六甲山の活性化に向けて取り組むため、2018年3月末に発足した六甲山再生委員会において、六甲山の目指すべき方向性やそれを実現するための方策について協議を進めており、「六甲山グランドデザイン」を2019(平成31)年3月末に策定する予定である。
 その一方、現在、六甲山に関わる事業者は多種多様であり、各々が独自の集客プロモーションを実施しているため、六甲山という貴重な資源を効果的に活用できていないのが現状である。
 本業務を通じてブランドの認識を関係者間で共有し、一体感を持った集客施策やイベントを実施することに加え、効果的な国内外への情報発信を行うことで国内外からの観光誘客を図ると同時に、関係者が一貫したプロモーションを継続的に実施することで、六甲山のブランディングを定着させる。
 また、市街地から山上までのアクセスが分かりにくい課題を解決するため、統一デザインによる誘導を行う。

平成31年4月1日(月曜)
「六甲山ブランディング事業」委託業務公募型プロポーザルについて、受付期間内にいただいた質問への回答を掲載します。

「摩耶山上の再整備に向けた基本方針策定及び公募要領作成に係る支援等業務」委託事業者の公募型プロポーザル(終了しました)

 六甲山活性化の実現に向けて、国内外の国立公園や山上空間の活用事例を調査・研究し、六甲山全体の活性化実現に必要となる機能(施設)の適切な配置について整理・検討を行った上で、豊かな自然環境と日本有数の眺望を有する摩耶山の更なる魅力の向上と観光消費額の拡大を実現させるため、2020(平成32)年度末にPFI事業期間が満了を迎える国民宿舎神戸摩耶ロッジ(オテル・ド・摩耶)から摩耶山掬星台を含む摩耶山上エリアにおいて、民間事業者が整備する事業方式を基本とした事業者募集に必要な要件整理、再整備に関する摩耶山活性化の基本方針の検討、民間事業者の再整備事業への参画意向調査等を行い、摩耶山上エリアの再整備事業者公募に当たっての募集要項案の作成等に関する支援業務等を委託する事業者を公募により選定します。

平成31年3月6日(水曜)
「摩耶山上の再整備に向けた基本方針策定及び公募要領作成に係る支援等業務委託」l公募型プロポーザルについて、受付期間内にいただいた質問への回答を掲載します。

1.六甲山再生委員会の開催について

神戸市では、平成29年度より、六甲山・摩耶山の魅力ある自然を活用し、自然保護と最適なバランスを保ちながら活性化を図ることを目的として、六甲山の目指すべき方向性及び民間資本の誘導による六甲山の活性化に向けた協議を行うために「六甲山再生委員会」を開催しています。

第1回六甲山再生委員会

日時:平成30年3月27日(火曜)
場所:神戸市役所1号館14階 大会議室

第2回六甲山再生委員会

日時:平成30年10月5日(金曜)
場所:神戸市役所1号館14階 大会議室

第3回六甲山再生委員会

日時:平成31年3月27日(水曜)
場所:神戸市役所1号館14階 大会議室

【事業者の方必見】瀬戸内海国立公園(六甲地域)の六甲山・摩耶山集団施設地区における土地利用基準について

 六甲山・摩耶山上では、都市計画法第34条第2号の観光資源の有効な利用上必要な建築物の開発行為等について、一部規制の緩和を行っています。
 詳しくは、「瀬戸内海国立公園(六甲地域)の六甲山・摩耶山集団施設地区における土地利用基準について」をご覧ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。