現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 神戸市教育委員会 > 教育委員会の取り組み > 新型コロナウイルス感染症対策のための市立学校園等の臨時休業について(2月28日)

新型コロナウイルス感染症対策のための市立学校園等の臨時休業について(2月28日)

ここから本文です。

2月27日の政府の方針や2月28日付の文部科学省からの通知を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、神戸市立学校園等について、現段階において下記の通り対応いたします。

1.市立学校園の臨時休業

市立の幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校、高等専門学校について、3月3日(火曜)より3月15日(日曜)まで臨時休業とする。なお、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校において、3月2日(月曜)は午前中のみの授業又は保育とする(給食の提供は行わない)。
※くすのき教室(適応指導教室)も上記の期間、臨時休業とする。

2.高等学校の入学試験及び特別支援学校高等部の入学志願者再募集

高等学校の入学試験及び特別支援学校高等部の入学志願者再募集は、予定通り実施する。

3.卒業式

卒業式は、臨時休業中は行わない。現時点においては、幼稚園は3月18日(水曜)、小学校・義務教育学校前期課程は3月24日(火曜)、中学校・義務教育学校後期課程は3月17日(火曜)、高等専門学校は3月19日(木曜)に実施予定(特別支援学校は未定)。

4.自宅等で過ごすことができない幼児児童生徒への対応

今回の臨時休業は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための措置であるが、保護者が仕事を休めないなど、自宅等で過ごすことができない幼児児童生徒がいることを考慮し、以下の対応を行う。

(1)幼稚園の幼児について、家庭で保育できない場合は、在籍する幼稚園で預かる。
(2)小学校の児童について、保護者が仕事を休めず、過ごす場所が確保できない場合は、在籍する小学校で受け入れを行う。
  ・3年生以下で学童保育を申し込んでいない児童および4年生以上:小学校で受け入れを行う。(通常の学校の始業時間から終業時間まで)
  ・特別支援学級の児童:福祉サービス等の活用ができない場合は、小学校で受け入れを行う。
   ※3年生以下の学童保育を申し込んでいる児童には、午前中から学童保育を実施します。
   ※4年生以上の学童保育を申し込んでいる児童は、小学校の受入時間終了後に学童保育を利用できます。
(3)中学校の特別支援学級の生徒で、保護者が仕事を休めず、福祉サービス等の活用もできない場合は、在籍する中学校で受け入れを行う。
(4)特別支援学校の児童生徒について、保護者が仕事を休めず、福祉サービス等の活用もできない場合は、在籍する特別支援学校で受け入れを行う。

5.社会教育施設の臨時休業

社会教育施設である市立図書館、博物館、美術館、公民館、婦人会館、青少年科学館、神出自然教育園、埋蔵文化財センターについて、3月3日(火曜)から3月15日(日曜)まで臨時休業とする。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部総務課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階