現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 神戸市教育委員会 > 教育委員会の取り組み > 学校行事等における新型コロナウィルス感染症への対応について(2月26日)

学校行事等における新型コロナウィルス感染症への対応について(2月26日)

ここから本文です。

神戸市教育委員会では、学校行事等における新型コロナウィルス感染症への対応に関して、学校園に対して下記の通り通知しましたので、お知らせいたします。

1.基本方針(2月26日時点)

2月26日から当面3週間、学校行事等の実施については、下記「2.具体的な対応(2月26日時点)」のとおりとする。

2.具体的な対応(2月26日時点)

(1)考査及び入学者選抜等(主に中学校)

令和2年2月4日付兵庫県教育委員会通知「令和2年度兵庫県公立高等学校入学者選抜における新型コロナウィルス感染症への対応について」に準じた対応を行うこと。

【検査前日まで】
  • 手洗い・うがいの励行や咳エチケットの徹底等、健康管理を心がけてください。
【検査当日】
  • 検温を行うとともに、発熱・咳等の症状がある場合は、マスクを持参してください。
  • 咳のひどい人や熱のある受検者は、別室受検ができますので、申し出てください。
  • 体調が悪くなった場合は速やかに監督者に申し出るようにしてください。
(参考)

(2)卒業式・入学式等

令和2年2月25日付文部科学省事務連絡「学校の卒業式・入学式等の開催に関する考え方について(令和2年2月25日時点)」に準じた対応を行うこと。

【感染拡大防止の措置】
  • 風邪のような症状のある方には参加をしないよう徹底
  • 参加者への手洗いや咳エチケットの推奨、可能な範囲でアルコール消毒薬の設置
  • こまめな換気の実施
【開催方式の工夫の例】
  • 参加人数を抑えること(在校生の参加の取りやめ、保護者の参加人数を最小限とする、保護者を別会場とする等)
  • 会場の椅子の間隔を空けて、参加者間のスペースを確保すること
  • 式典の内容を精選し、式典全体の時間を短縮すること(祝辞の割愛、式辞等の文書での配付、卒業証書は代表児童生徒のみに授与など)
  • 予行等は取りやめ、式典当日のみの実施とすること

※卒業式を想定していますが、必要に応じ入学式にも応用ください。

(参考)

(3)校内における集会・終業式等及び校外学習を中心とする校外での活動等

【校内】
  • 不急なものについては、原則として延期・中止すること。
  • 実施する場合は、開催方法(校内放送により実施する等)を改めて検討するとともに、下記「3.予防における留意点」に沿った対策を十分に行うこと。
【校外】
  • 原則として延期・中止すること。

(4)修学旅行や自然学校を中心とする泊を伴う行事等

  • 今年度に実施する泊を伴う行事等については、原則として中止すること。
  • 次年度に実施する泊を伴う行事等については、目的地の変更や実施時期の延期、中止などの場合に備え、関係情報を収集するとともに、関係業者等と十分に連絡を取り合い、必要経費等の検討・確認を行うこと。

(5)部活動をはじめとする交流活動(対外試合等)及び泊を伴う活動

  • 市内外を問わず、原則として延期・中止とすること。

3.予防における留意点

(1)基本的な感染症対策の徹底

  • 手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底すること。

(2)日常の健康管理や発熱等の風邪の症状がみられる場合の対応

  • 免疫力を高めるため十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけること。
  • 幼児・児童・生徒に発熱等の風邪の症状が見られるときは、無理をせずに自宅で休養させること。
  • 教職員についても同様の対応を行うこと 。

(3)適切な環境の保持

  • 適切な環境の保持のため、教室等のこまめな換気を心がけるとともに、空調や衣服による温度調節を含めて温度湿度の管理に努めること 。

(4)学校園行事等における感染症対策

  • 学校園行事や入学試験など大勢の人が長時間同じ空間にいる場合には、こまめな換気を実施するとともに会場の入口にアルコール消毒液を設置するなど可能な範囲での対応を検討すること 。
 咳エチケット

  ① 咳、くしゃみの際は、ティッシュ等で口と鼻を被い、他の人から顔をそらすこと。
  ② 使ったティッシュは、直ちにゴミ箱に捨てること。
  ③ 咳やくしゃみ等の症状のあるときは、必ずマスクを着けること。
  ④ 咳やくしゃみを押さえた手、鼻をかんだ手は直ちに洗うこと。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部学校教育課