現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 神戸市教育委員会 > 教育委員会の取り組み > 神戸市立高等学校部活動方針

神戸市立高等学校部活動方針

ここから本文です。

国の「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」(平成30年3月)や「文化部活動のあり方に関する総合的なガイドライン」(平成30年12月)、本市の「神戸市立中・義務教育学校部活動ガイドライン」(平成30年5月)を踏まえ、また入学者選抜を経て進学した高校生は、中学生より心身が発達していること、特定の部活動に所属したい意向を持って進学している場合があること、高等学校では多様な教育が行われていることにも留意した上で、「神戸市立高等学校部活動方針」を策定しました。本活動方針については、感染防止対策と熱中症対策を徹底したうえで、令和2年6月29日からの市立高等学校の部活動より運用することとします。

主な内容

(1)部活動に係る活動方針の策定

  • 校長は、本活動方針に則り「学校の部活動に係る活動方針」を策定し、学校のホームページ等の掲載により公表する。
  • 校長は、「学校の部活動に係る活動方針」の運用を徹底するため、各部の活動内容を把握し、生徒が安全に活動を行い当該部活動に係る教職員の負担が
    過度とならないよう、適宜、指導・是正を行う。

(2)年間活動計画の作成・提出

  • 部活動顧問は、種目の特性、練習内容、大会や発表会等の予定、生徒の心身の状態を考慮し、年間を見通した年間活動計画を作成し、管理職に提出するとともに、年度当初に生徒・保護者へ伝える。

(3)休養日や活動時間の設定

  • 休養日は、週当たり1日以上設定する。休養日に活動した場合には、それに代替する休養日を設ける。
  • 月当たり2回程度、土・日曜日・祝日に休養日を設定することが望ましい。
  • 1日の活動時間の上限は、原則として、平日は3時間程度、週休日は5時間程度とする(活動時間には、活動の準備や片付け等を含む)。
  • 週休日に練習試合や大会、発表会等もしくは、それに向けての直前練習や種目の特性等により、5時間以上の活動となる場合、部活動顧問は特別活動計画を作成し、管理職に提出するとともに、生徒・保護者へ伝える(長期休業中の部活動においても同様の手続きをとる)。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部児童生徒課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階