現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 神戸市教育委員会 > 教育委員会の取り組み > 神戸市ICT学習環境整備計画

更新日:2019年12月12日

神戸市ICT学習環境整備計画

ここから本文です。

児童生徒の集中力や意欲を高めるとともに、授業の効率化・質の向上を図り、授業準備の負担軽減により教員にゆとりをもたらすことができるICT機器を整備し、本市児童生徒の学力の向上に寄与する。

計画

経緯

平成28年度(2016年度)より、「ICT活用」重点推進校3校(真野小、若草小、大池中)において、国の整備目標と同等の機器を整備し効果の検証を実施してきた。その結果、目的とする本市児童生徒の学力向上につながる効果に加え、教員の多忙化対策としての効果も認められたため、国の整備方針を参考に、全教員が活用できる機器を優先して整備するための計画を策定する。

計画期間

令和元年度(2019年度)から令和5年度(2023年度)までの5年間

整備対象

(1)対象校種

全ての市立小学校・中学校・特別支援学校・義務教育学校・高等学校・工業高等専門学校の普通教室(約4,500教室)

(2)対象ICT機器

・電子黒板機能付プロジェクタ
・実物投影機(小学校、義務教育学校前期課程、特別支援学校小学部のみ)
・無線LAN(アクセスポイント) など

整備スケジュール

3年間で上記全校の普通教室に整備
 1年目 小学校の約半数
 2年目 小学校の残り約半数、特別支援学校
 3年目 中学校、高等学校、工業高等専門学校

総事業費(予定額)

約17億円

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部学校経営支援課