トップあなたの運動をサポート神戸体操

神戸体操

神戸体操(高校男女用)序盤|中盤|終盤 神戸体操とは神戸体操 動画

神戸体操(高校男女用):中盤

順序 名称 呼間 運動の仕方
5 体のねん転と回旋 16 体のねん転と回旋 1. 腕を左へ振り左ひざを曲げ、からだをねじる
2. 右へ行う
3.4. くりかえす
5.6.7.8. からだを左から回す
2回目の8.からだを前からおこし、腕を体側におさめる

【備考】
腕の振りをできるだけ大きく、運動を大きくする
6 体の
前屈前倒
16(男) 体の前屈前倒 1. からだを前に曲げ、両足くびを握る
2. からだを深く前に曲げる
3.4. 上体をおこし前倒の姿勢になり、腕を横に上げる
5. 腕は体側を通して上にあげる
6.7. 背を伸ばしたまま2回手を前につける
8. からだをおこし、腕を体側におさめる
2回目の8.左足をもとにかえして直立する

【備考】
両手を前につける場合、前屈にならないよう、背筋を伸ばし、腕をじゅうぶん伸ばして遠くへつくように行う
16(女) 体の前屈前倒 1. からだを前に曲げて腕を体前で交差する
2. 腕を横に上げ、からだを前倒の姿勢におこす
3. 腕は体側を通して上にあげる(からだは前倒の姿勢のまま)
4. 腕を前からおろして横に上げ、からだをおこす
5.6. 1.2.をくりかえす
7. からだをおこし、腕は体側を通して上にあげる
8. 腕を前からおろす
2回目の8. 腕を前からおろし、左足をもとにかえし直立する

【備考】
腰に力をいれてじゅうぶん背筋を伸ばす
7 屈膝
腕の側開
16 屈膝 腕の側開 1. 左足を前に出す
2.3. ひざを曲げ腕を前から3回反動をつけて強く横に開く
4. 左足をもとにかえし、腕を前から体側におろす
5.6.7.8. 右足を出してくりかえす

【備考】
重心を前の足のかかとにうつし、腰を強く前につき出して行う
8 腕立て伏臥
腕の屈伸
16(男) 腕立て伏臥 
腕の屈伸 1. 両手を床についてしゃがむ
2. かるくとんで腕立て伏臥の姿勢になる
3. 左足をうしろにあげ、腕を曲げる
4. 2.の腕立て伏臥の姿勢にかえす
5.6.7.8. 交互に足をかえてくりかえす
2回目の7. とんで1.にかえる
2回目の8. かるくとんで開脚の腕立て伏臥の姿勢になる

【備考】
足はできるだけ高く上げ胸は床につくまで腕をじゅうぶん曲げる
8(女) 腕立て伏臥 
腕の屈伸 1. 両手を床についてしゃがむ
2. かるくとんで腕立て伏臥の姿勢になる
3. 腕を曲げる
4. 腕を伸ばす
5.6.7.8. くりかえす

【備考】
背を伸ばして腹がさがらないようにする
8(女) 腕立て伏臥 
腕の屈伸 1. かるくとんでひざを曲げる
2. かるくとんでひざを伸ばす
3.4.5.6.7. 腕立て伏臥のまま、前後とびをくりかえす
8. かるくとんで開脚腕立て伏臥の姿勢になる

【備考】
一回ごとに腕立て伏臥の正しい姿勢をとる

出典:昭和41年 神戸市教育委員会「神戸市学校体操」

神戸体操(高校男女用)序盤|中盤|終盤 神戸体操とは神戸体操 動画