現在位置

ホーム > 区役所 > 西区 > 区の紹介 > 区長のつぶやき > 区長のつぶやき2020年8月

最終更新日:2021年9月1日

区長のつぶやき2020年8月

ここから本文です。

8月28日

安全安心まちづくり協定の締結

西区は大規模な工業団地が立地しているなど、事業所数が多いことが特徴の1つです。その特徴を生かしながら、区内の様々な事業所と「西区安全安心まちづくり協定」を締結し、安全で安心なまちづくりを推進しています。

この度、生活協同組合コープこうべ第5地区本部(垂水区・西区統轄)と協定締結することとなりました。

SYASIN.png

 

 生活協同組合コープこうべは区内に5店舗あるほか、美穂が丘地域等での移動店舗や神出地域や伊川谷地域等での無料買い物送迎車の運行といった、地域に根差した事業を展開されてます。また、各地域の行政や諸団体と連携して高齢者の見守り活動や地産地消の推進など、くらしの問題を解決し、住みやすい地域づくりに貢献する活動に取り組まれています。 今回の締結により、生活協同組合コープこうべが、安全あんしんパトロールステッカーの車両への貼り付けや啓発活動用ポスター、ビラ等の店舗等での掲示などにご協力いただくことに加え、交通安全西区民大会にもご参加いただけることとなりました。

 刑法犯認知件数は減少傾向にある一⽅で、⼦どもに対する声かけ事案や⼥性へのつきまとい事案の件数は⾼止まりしています。今回、心強いメンバーが新たに加わりました。地域を見守る「目」が増えることは、防犯力の向上に繋がります。 

 さらに、令和3年度には、⼦どもや⼥性に対する犯罪が起こりやすい通学路や駅周辺を対象に、警察署等のアドバイスを踏まえながら、防犯カメラの設置を進めます。

 今後も、防犯協会や地域の防犯活動団体、区内の事業所と警察署をはじめとする関係団体が連携しながら、安全・安心なまちづくりの取り組みを深化していきたいと思います。

SYASIN01.png

 

8月14日

観光ぶどう園が開園

ぶどう栽培の歴史は大変古く、紀元前4000年ごろには原産地であるカフカス地方やカスピ海沿岸で栽培が開始されていたようです。日本への渡来ルートは、中近東地方から古代ヨーロッパ、その後シルクロードを横断して、奈良時代に中国から伝わったといわれています。品種はとても多く、世界には10,000種以上とも言われており、国内では主に50種類ほどが商業用として栽培されています。

 

区内の観光ぶどう園のぶどうは、樹が芽をふいてから約110日~150日間、心をこめて育てられます。大雨や強風、酷暑など様々な試練を乗り越えて大きく、たくましく生育していきます。

また、「ベリーA」や「デラウェア」などの品種は、元々種があります。種をなくすために、花が咲く前と咲いた後に1回ずつジベレリン(植物にもともと含まれているホルモン)処理をする必要があります。天候や樹の調子によってきちんと処理しても、完全に種子がなくならない年もあり、毎年ご苦労をされているようです。

収穫が近づくにつれて酸が減少し、糖分が増します。甘さとすっぱさが程よく中和した頃を見計らって開園を迎えます。果樹狩りを手軽に楽しめる環境も、自然溢れる西区の魅力だと思います。

budou.pngbudou2.png

 

今年の開園期間は、岩岡観光ぶどう園が8月11日(火曜日)から9月中旬まで、神出観光ぶどう園が8月23日(日曜日)から9月下旬までとなっています。(詳しくは下記参照)

http://www.kobe-kanko-engei.jp/top.php?cat=budou(外部リンク)

 

8月4日

旧農業公園の再整備

農業公園は、昭和59年にワイン醸造等を核とした農業振興を目的に、ワイナリーやホテル、レストラン、バーベキュー場などの複合的な機能を有するにぎわい施設として開園しました。震災等による市の財政状況の悪化や全国的な類似施設の増加による情勢の変化もあり、形を変えながらも、ワイナリーなどの主要な機能は残しつつ、一般開放を続けてきました。この間、全国トップクラスの大型農産物直売所「六甲のめぐみ」のオープンもあり、区民の方々はもとより、市内外も含めて、年間約80万人の方々にお越しいただき親しまれてきました。

 02wain.JPG

市では、農漁業地域と都市地域が近接した地域性を活用し、「食都神戸」を掲げ、世界に誇る食文化の都を目指しています。その一環として、ニュータウンと県下最大級の果樹団地の双方に隣接しているこの場所を「食」と「農」をテーマとした「食都神戸」のシンボルとなる新たな食文化の創造拠点として再整備し、民間のノウハウを活用しながら、周辺地域も含めたエリア全体のにぎわいづくりを進めます。

06syokuto.jpg

今年度中に再整備計画を策定し、令和3年度に運営事業者を募集、令和5年度のリニューアルオープンを目指して準備を進めていきます。

現在、再整備計画の策定にあたり、皆さまのご意見をいただくためにアンケートを実施しています。多くのご提案やご意見をお待ちしています。ご協力のほどよろしくお願いします。

アンケート(webアンケート)はこちら

https://www.city.kobe.lg.jp/a67688/kanko/nogyogyo/kobewinary_question.html

実施期間 令和2年7月10日(金曜)から9月30日(水曜)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314