職種紹介

Work Information

総合科学

化学

快適な大気・水環境を創造し、安全な飲み水を供給します。

化学の仕事

化学職は、水道水の水質管理や下水処理場・廃棄物焼却施設等の運転管理に携わり、市民の暮らしを支えています。また、地球温暖化防止・省エネルギー施策の立案、大気・排水の監視・規制を通じて、生活環境を守っています。さらに、大学や民間企業と連携して分析・処理に関する新技術の開発にも取り組んでいます。

ピックアップ事業
安全な水を届ける~水道水の水質管理

市民の暮らしの根幹を支える水道水、
その安全を守っています。

水源、浄水場、送・配水施設、配水過程など市民の口に届くまでの全ての過程において、水質試験所できめ細かい水質検査を行うほか、水源や浄水処理に関する調査・研究も実施します。
さらに、水源水質汚染事故対策や新たな危害物質への対応を整備し、水道水の水質向上と安全確保に努めています。

水源池での採水/水質試験所

ピックアップ事業
環境保全に万全を期す~排ガス・排水の管理

子どもたちがいつまでも安心して健康的に
暮らせる都市環境を守ります。

山や海が都市部に隣接している神戸市の自然環境と人々の健康的な暮らしを、水質・大気汚染から守っています。ごみ焼却施設や埋立処分場、下水処理場の運転管理にかかる環境保全の中心的役割を担っています。また、市内の工場・事業場から排出される排水の水質やばい煙の検査を行い、基準値を満たしていない場合は、処理施設の改善などの指導を行います。

クリーンセンターでの排ガス調査/事業所への立ち入り検査

日本を代表する大都市でありながら自然豊かな神戸市。自分が魅力を感じるまちのために、学んだ化学や生物学の知識を活かしたい。

Check! Person

環境局事業部管理課

平成27年度入庁【大学卒・化学】

※内容は平成29年度時点

酒井 隆彬さかい たかあき

私は主にクリーンセンターの排ガス調査や水質調査など各施設の分析業務を担当し、基準値がきちんと守られているかや施設の運転状況の確認を行っています。排ガスや水質調査の分析結果をただの数値として見るのではなく、設置されている設備やその運転状況から、なぜそのような結果が出たのか理解できた時、自身の知識が深まったと実感し、やりがいを感じます。神戸市の環境を守るため、日々着実に知識を得ようと勉強しています。

1日のスケジュール

8:30 出勤、作業着に着替え・スケジュールやメールの確認、9:00 車でクリーンセンターへ行き排ガス調査の立会い、12:00 昼食、13:00 引き続き排ガス調査の立会い、15:00 埋立処分地の水質調査結果の確認・取りまとめ、17:30 退庁
  • 調査現場に足を運び、実際に見て聞くことが勉強になる。 | 配属当初、日々届く様々な調査結果が何を表しているのか把握することに苦労しました。異常な数値があれば報告・対応しなければならないので、分析結果の意味するものを理解することは必須です。積極的に上司や先輩に指導を仰ぎ、調査現場にも足しげく通い、設備を見て現場の話を聞くことで次第に理解できるようになりました。

  • 異変の予兆を感じるために。より良い分析体制づくりのために。 | 「なぜ?」と考えることを大切にしています。どうしてそのような分析結果が出たのか考えることで設備の運転状況を知り、異変の予兆を感じることができるからです。また、どうしてその分析業務を行っているのか考えることで、今より良い分析体制を作ることが出来ると感じています。

  • 施設の更新について化学的な面からアプローチしたい。 | 職場には知識が豊富なベテラン職員も多く、聞いた内容に関連した様々なプラスアルファのことも教えてもらえるので大変勉強になっています。今後は現在の維持管理業務に加え、施設の更新について化学的な面からアプローチするなどして幅広い面で施設に関わり、様々な知識を身につけたいと考えています。