お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
又新日報
<<概要・検索に戻る

1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

又新日報 大正9年
    
  12 月
見出し
1 2 通常兵庫県会
2 週休制度解答
2 朝鮮賛議来神
2 市議二班消息
2 領事界の近状
3 貿易入超
3 手形交換減少
5 商品株式市場
7 婦人と家庭副業(五)
2 1 警官非行調査
2 通常兵庫県会
2 乾助役遂に去る
2 会議所役員界
5 商品株式市場
7 設備する最新式の信号機
7 神々しき鎮めの祭り
7 小売白米卅銭台に
3 2 通常兵庫県会
2 市郡強調成立
2 社会業事講演
2 市長官舎建築
3 企業趨勢
3 外米在荷増加
5 商品株式市場
6 危険性を帯びた
7 女子の補習学校を
7 市内乗入腺が変わる
7 不景気(市公設食堂)
4 1 速に高級助役を物色せよ
2 通常兵庫県会
2 開会前の一波瀾
2 協調会宣伝
2 電柱移転料
2 葺合煤烟問題
2 恩給者の会合
3 貿易入超
3 外米処分
5 商品株式市場
6 白米続落
7 市電の電車内広告
7 下水溝の大整理
7 物価下落する
5 1 市費予算総額
2 水電県営案運命
2 郡市農会長会
5 商品株式市場
6 2 県畜産会総会
7 2 水上署改築問題
2 通常兵庫県会
2 郡部会
2 県参役員問題
2 定例市参事会
3 協調宣伝
3 神戸取引所決算
3 商品市況
3 燐寸輸出増加
5 商品株式市場
7 寄附金はどうなった
8 2 通常兵庫県会
2 水上署問題決定
2 乾前助役送別
3 商品市況更に悪化す
5 商品株式市場
6 小売白米値上
  無事の納まる筈だ(県立病院寄附金)
9 2 通常兵庫県会
5 株式商品市場
10 2 水上署改築案
2 葺合煤烟問題
3 市中在貨
5 商品株式市場
11 2 理科事件費如何
2 立憲青年会
2 畜産連合会役員
2 国権争覇
3 貿易入超
2 米輸送高激減
5 商品株式市場
6 白米又値上
7 納税の成績悪い
7 干城たる栄を擔ふて
12 1 農会の決議
2 通常兵庫県会
2 納めの市会
2 神戸日米協会
2 水上署改策案
2 生産品共進会
5 商品株式市場
13 2 土木補助規定改正案
14 1 国際社交団体に対する注文
2 通常兵庫県会
5 株式商品市場
6 不景気の声みちみちた年の暮の神戸
7 公設市場の正月餅
7 白米続々値上
15 2 通常兵庫県会
2 市予算三千万円
2 市吏員増俸
3 当市手形交換
3 外米在荷減少
5 商品株式市場
7 神戸連隊の耐寒行軍
16 1 米の買上げ
2 通常兵庫県会
2 県道編入諮問
2 県議補選
2 校舎改築進捗
5 商品株式市場
7 電話の番号簿
7 保育所が市に泣付く
17 2 通常兵庫県会
2 市財源と予算
2 県費支弁河川
2 県道改修々正
5 商品株式市場
7 市電乗客は減った
7 県下農民大会
7 小売白米下る
18 2 通常県会終了
2 市予算と新事実
2 道路拡張工事
2 県会修正額
2 最終県参事会
2 市電新発動機
3 マッチ業発展
3 政府の燃料政策
5 商品株式市場
19 2 県予算額確定
6 商品株式市場
6 米騒動犯十七名
7 幼稚園を二部制に
20 2 県農会総会
5 不良学生団検挙
21 3 最終市参事会
2 農会評議員会
2 憲政派候補者
2 県吏員賞与
3 貿易入超
3 投資手形交換高
3 当港外外貿易 趨勢
5 商品株式市場
22 2 特別市制促進
2 県農会総会
2 興民会幹事会
2 立憲青年会陣客
3 会議所総会
5 商品株式市場
7 トラホームの徹底治療
23 2 県税納入成績
2 県農会総会
5 商品株式市場
7 米投売りの防止組合
7 親和高女校生嗟や盟休
24 1 親和女学校の騒擾
2 知事の米価意見
2 神戸区会
2 慈善団体奨れい会
5 商品株式市場
7 神戸鉄道局が大阪へ
7 紛糾を極めた親和校父兄会
25 2 蠶糸諮問答申
3 県下信託業の大勢
5 商品株式市場
7 急行電車愈々殻
7 親和高女校に二人の校長
26 2 県吏員増俸
2 青年団へ訓令
3 燐寸輸出漸減傾向
5 商品株式市場
7 市税も滞納が多い
7 施米にも不印風
7 職工激減
7 新婦人の大鼻息
7 須磨公設市場騒ぎ
7 反省し=退職して下さい
7 米の投売防止
28 2 不足額二百万円
2 三宮署改築行悩
2 水道急設問題
5 商品株式市場
7 労働下宿の宿料を安く引下げてやれ
7 校長の回答遅る
7 不正売薬に大鉄槌市予算査定終了
29 2 市予算査定終了
2 初県参事会 郡市長会議
30 7 親和校の
7 何といっても神戸港に