お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
神戸歴史年表
昔の神戸
古代
中世
近世
明治・大正
昭和以降
昭和以降


西暦
年号
事項
1942 昭和17年 1 2 毎月1日の興亜奉公日を廃し、8日を大詔奉戴日に決定(1月8日を第1回)
1942 昭和17年 1 6 八代斌助聖公会神戸主教に就任
1942 昭和17年 1 8 野田文一郎市長就任(20年7月20日退任)
1942 昭和17年 1 10 六大府県に味噌・しよう油の通帳割当制実施
1942 昭和17年 1 20 衣類総合キップ制2月より実施発表
1942 昭和17年 1 27 日本貿易統制会設立、重要産業団体令発動
1942 昭和17年 1 27 県、中学校入学者選抜方法を改正
1942 昭和17年 1 28 造船統制会創立(会長斯波孝四郎就任)
1942 昭和17年 1 31 外字新聞「ジャパン・クロニクル」廃刊(ジャパン・タイムズに合併)
1942 昭和17年 1   翼賛壮年団支部結成
1942 昭和17年 1   阪神16キロメートル強歩大会実施、第1次(1月)から第6次(6月)まで行われる
1942 昭和17年 1   金属供出はじまり、各学校の二宮金次郎銅像・鉄さくなど供出
1942 昭和17年 1   兵庫県新美術連盟結成
1942 昭和17年 2 1 総合衣料キップ制実施
1942 昭和17年 2 2 大日本婦人会創立、国防婦人会解散
1942 昭和17年 2 18 シンガボール陥落祝賀行進
1942 昭和17年 2 21 夏季ラジオ体操の会実施きまる
1942 昭和17年昭和17年 2 21 食糧管理法公布(7月1日施行)、兵庫県米穀配給組合は4月18日食糧営団への移行を決定
1942 昭和17年 2 25 戦時災害保護法公布
1942 昭和17年 2 28 神戸市国民学校教員報国隊結成
1942 昭和17年 3 1 満州国建国10周年式典、市民2000名参加
1942 昭和17年 3 2 神戸事件発生地の碑建設(三宮神社前)
1942 昭和17年 3 10 生糸輸出同業会を解散し日本生糸輸出組合設立
1942 昭和17年 3 15 満州国張国務総理、国書奉呈のため神戸駅から東上
1942 昭和17年 3 18 安田信託神戸支店開設
1942 昭和17年 3 25 戦時海運管理令公布
1942 昭和17年 3   西灘消防署新庁舎完成
1942 昭和17年 3   日本毛織は昭和毛糸紡績を合併、弥富・一宮両工場開設し資本金5765万円
1942 昭和17年 4 1 船舶運営会創立総会、会長に大谷登(日本郵船社長)理事長に田嶋正雄(大阪郵船専務)を選任
1942 昭和17年 4 1 神戸市配電事業、関西配電株式会社(現在関西電力)へ強制移管
1942 昭和17年 4 1 神戸市電気局青年学校開校
1942 昭和17年 4 1 県立第四高女・県立航空工業開校
1942 昭和17年 4 1 神戸生糸は製糸4社と合併、新興蚕糸を設立し資本金250万円
1942 昭和17年 4 13 御影町に給水開始
1942 昭和17年 4 18 米機、東京・名古屋・神戸等本土初空襲、ドウリットル中佐指揮の16機中3機が神戸侵入、兵庫方面に焼夷弾投下
1942 昭和17年 4 20 坪田耕吉歌集『従軍』刊行
1942 昭和17年 4 30 衆議院議員の翼賛選挙(第21回)実施
1942 昭和17年 4   山陽無尽設立(山陽金融無尽・三木無尽が合併)
1942 昭和17年 4   神戸衛生試験所、都市生活科学研究所と細菌検査所に分離(24年4月神戸市衛生研究所と改称)
1942 昭和17年 4   日華製油は日華化学工業を合併し日華油脂と改称、資本金419万円
1942 昭和17年 4   神戸製鋼所大久保工場(切削工具・機械)開設
1942 昭和17年 4   永代借地権制度解消発効実施
1942 昭和17年 4   臨時教員養成所を県立第一神戸高女ほか県下3校に増設
1942 昭和17年 5 1 翼賛衆議院選挙開票、神戸市の当選者、河上・中井・今井.金光
1942 昭和17年 5 11 第1回兵庫県文化協議会(神戸商工会議所)、大政翼賛会文化部長岸田国士ら出席
1942 昭和17年 5 15 戦時海運統制令改正
1942 昭和17年 5 17 戦時山野草食糧化講習会開く
1942 昭和17年 5 19 神戸市電気局を交通局と改称
1942 昭和17年 5   神戸市満州開拓協会設立
1942 昭和17年 5   船舶量産のため第1次戦時標準船型10種を設定、その後2次5種3次6種を設定、建造量158万総トン
1942 昭和17年 5   川崎重工、海軍よりバタビア造船工場の経営を命ぜられる
1942 昭和17年 6 2
インドの富豪モディ・コレクション、神戸三越で公開(神戸市主催)
1942 昭和17年 6 3 市会議長に南陽二郎就任
1942 昭和17年 6 15 知事 成田一郎就任(20年1月6日退任)
1942 昭和17年 6 20 市会議員選挙実施(当選64名のうち推薦候補42名)
1942 昭和17年 6 23 神栄生糸は小会社神栄製紙を合併
1942 昭和17年 6   翼賛市政会が結成され、各会派一本化
1942 昭和17年 6   川崎重工、潜水艦専門の泉州工場を開設
1942 昭和17年 6   豆債券・小額債券を生徒・児童に発売
1942 昭和17年 6   神戸製鋼所1億8000万円に増資
1942 昭和17年 7 1 地方事務所、全国に427ヶ所開庁
1942 昭和17年 7 13 戦時国民防諜強化運動展開
1942 昭和17年 7 31 臨時観光施設調査委員会を廃止
1942 昭和17年 7   神楽保健所・東山保健所を開設
1942 昭和17年 7   日本毛織は姫路工場を川西航空機に賃貸
1942 昭和17年 7   日華油脂、ビルマ8工場の委任経営に当る
1942 昭和17年 8 20 五十嵐播水句集『埠頭』刊行
1942 昭和17年 8 29 関西汽船創立
1942 昭和17年 8   淀川を水源とする給水開始
1942 昭和17年 9 1 上筒井国民学校開設
1942 昭和17年 9 15 満州国建国10周年式典(東遊園地)
1942 昭和17年 9 21 市電急行運転日を日曜・祝祭日にもおよぼす(始発時から20時まで)
1942 昭和17年 9 23 瀬戸内海経済振興連盟結成
1942 昭和17年 9   家庭用疏菜類の自由登録配給制を実施
1942 昭和17年 9   国民学校体錬科教授要項発表
1942 昭和17年 10 1 兵庫県食糧営団発足
1942 昭和17年 10 7 第2回兵庫県文化協議会(職域文化団体)開かれる
1942 昭和17年 10 30 市主催の野村大使講演会(市一高女)
1942 昭和17年 10   陸軍省の指令で川崎車輌の自動車工場を川崎航空機に移譲
19421942 昭和17年 10   政府、防空法による防空空地の設定を決定
1942 昭和17年 10   垂水教会設立(カソリック)
1942 昭和17年 11 1 各種配給キップ類を一冊の家庭用物資購入集成通帳にまとめる
1942 昭和17年 11 3 増田五良『馬薊亭雑記』刊行
1942 昭和17年 11 9 社団法人神戸貿易協会設立(神戸貿易同業組合と神戸貿易同志会が合併)
1942 昭和17年 11 15 関門トンネル開通式
1942 昭和17年 11 15 国鉄京都神戸間急行電車運転休止
1942 昭和17年 11 21 陸軍省令俘虜派遣規則公布、即日施行
1942 昭和17年 11 27 華人労務者内地移入に関する件閣議決定、18年9月9日神戸に210人が到着
1942 昭和17年 11 28 神栄生糸は神栄実業と改称
1942 昭和17年 11 30 神戸市立幼稚園園則改正
19421942 昭和17年 12 5 船舶運営会、船舶貨物総揚制逮発表
1942 昭和17年 12 8 大東亜戦争1周年記念講演会(栄光教会)
1942 昭和17年 12 8 大東亜戦争1周年記念青年学校連合演習・戦う国の生活展・小国民学芸大会・遣家族招待感謝芸能大会などを開く
1942 昭和17年 12 18 全県下中等学校軍用機献納運動展開
1942 昭和17年 12 21 港湾運送業中央協議会、一港一社制として港湾作業会社の設立を指令
1942 昭和17年 12 25 戸田鼓竹句集『童女船』刊行
1942 昭和17年 12   政府、トラック事業の地区別再編成を命ず、神戸市3社に統合
1942 昭和17年 12   住友倉庫は大阪・神戸・尼崎・横浜の港運業務を統制会社に移譲
1942 昭和17年     神戸市必需物資需給調整要綱を定め、非常用貯蔵、戦災同情出荷、臨時緊急出荷などに対する補償等を行う
1942 昭和17年     わが国最大の砕氷船白陽丸(三菱建造)完成
1942 昭和17年     三菱、海軍から昭南造船所(シンガボール)の経営を命ぜられる
1942 昭和17年     川崎・三菱ともに重要事業場に指定
1942 昭和17年     第百三十七国立銀行、神戸・丹波両銀行に分割合併
1942 昭和17年     観光課は文化課と、社会教育課は青年教育課と改称
1942 昭和17年     酒造にアルコール添加を実施
1942 昭和17年     神戸包装協会が日本包装協会支部となる
1942 昭和17年     白川渥の『花朝』が農民文学賞候補となる
1942 昭和17年     倉地与年子歌集『白き征矢』刊行
1942 昭和17年     長谷川素逝句集『ふるさと』刊行