お問合せ ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
神戸歴史年表
昔の神戸
古代
中世
近世
明治・大正
昭和以降
近世(江戸時代まで)


西暦
年号
事項
備考
新修神戸市史
1781 天明1     本居大平が有馬に滞在し、「有馬日記」を著す 有馬温泉 第3章第7節4
1782 天明2 4   極楽寺が再興される 有馬温泉・災害 第2章第5節2
1782 天明2 9 14 薬師堂(温泉寺)が上棟される 有馬温泉・災害 第2章第5節2
1783 天明3     敏馬神社に俳諧額が奉納される 文化 第4章第7節3
1784 天明4     この頃、旧来よりの江戸積酒造地9郷と灘3郷により摂泉江戸積十二郷酒造仲間が形成される 灘酒造業 第3章第5節3
1786 天明6     幕府が酒造制限(元禄調高の半石)を行う 灘酒造業 第4章第5節1
1787 天明7 5 13 兵庫で打ちこわしが起こる 飢饉 第3章第2節3
1788 天明8     司馬江漢が兵庫近辺を遊覧する 文化 第3章第7節5
1788 天明8     幕府より諸国巡検使が派遣される 幕府の諸政策 第4章第1節1
1788 天明8     幕府が酒造株改めを実施する 灘酒造業 第4章第5節1
1789 寛政1     幕府が酒造制限(新株高の3分の1)を行う 灘酒造業 第4章第5節1
1790 寛政2 5   佐比江町の御影屋松右衛門が、幕命により択捉島に波止場を建設する 海運 第4章第2節1
1791 寛政3 7 10 西摂に江戸積油問屋が成立 絞油業 第4章第4節2
1791 寛政3 7   幕府が、中国地方諸国など13ヶ国の菜種の大坂廻送を禁止し、兵庫の菜種問屋に廻送させる 絞油業 第4章第2節1
1792 寛政4 10   幕府が、下り酒の江戸入津につき酒造地・樽数を制限する 灘酒造業 第4章第5節1
1792 寛政4     灘目の酒造株に対し冥加金が課せられる 灘酒造業 第4章第5節1
1793 寛政5     寛政の改革が終わり、幕府の酒造統制が緩和に転じる 灘酒造業 第4章第5節2
1796 寛政8     脇浜村の俳人赤坂桃葉の追善集『ひとえけし』が刊行される 文化 第4章第7節3
1798 寛政10     『摂津名所図会』刊行 地誌・紀行 第2章第4節4
1799 寛政11     高田屋嘉兵衛が幕命により択捉島への航路を開く 海運 第4章第2節1
1803 享和3     『播磨名所巡覧図会』が記される 地誌・紀行 第3章第7節5
1805 文化2 8 25 摂津・河内の568ヶ村が菜種・綿実の自由販売などを求めて訴願を行う 絞油業 第4章第3節1
1806 文化3     幕府が酒造制限を撤廃する 灘酒造業 第4章第5節2
1809 文化6     江戸の下り酒問屋株が幕府より公認される 灘酒造業 第4章第5節6
1811 文化8     御影村嘉納屋重兵衛の持ち船歓喜丸が漂流、乗組員はカムチャッカでロシア人に保護される(16人中6人が翌年帰国) 海運 第5章第5節3
1812 文化9     高田屋嘉兵衛が国後でロシア船にだ捕される 海運 第4章第6節2
1816 文化13     大和高取藩医柘植彰常が有馬温泉の調査を行い、「温泉論」「温泉論附録」を著す 有馬温泉 第5章第6節2
1821 文政4 2   室田霞亭が大坂の西照庵で画展を催す 文化 第4章第2節3
1821 文政4     兵庫駅と周辺の助郷村との間で、人馬役負担をめぐる争論が起こる 交通・争論 第5章第6節1
1821 文政4     湯山町〜菟原郡北畑村の賃運送が、周辺駅所の出訴により差し止められる 交通・争論 第5章第6節1
1822 文政5 8   幕府が、兵庫菜種問屋の西国13ヶ国の菜種買い入れ・西摂油問屋の江戸への直積を禁止する 絞油業 第4章第4節2
1823 文政6 5   摂津・河内の1007ヶ村が実綿の自由販売を求める訴願を行う 絞油業 第4章第3節2
1824 文政7 4 13 摂津・河内・和泉の1307ヶ村が菜種販売・油購入などにつき訴願を行う 絞油業 第4章第3節2
1826 文政9     酒造の自主規制を申し合わせた摂泉江戸積十二郷酒造仲間の大行司らが処罰される 灘酒造業 第4章第5節2
1827 文政10 8 25 武庫・菟原・八部郡の83ヶ村が、住吉村吉田屋の菜種買い付け独占を訴える 絞油業 第4章第3節2
1827 文政10     楢原謙十郎らが幕府より大坂に派遣され、油の流通調査を行う 絞油業 第4章第4節2
1828 文政11     上灘郷が分裂して東組(青木・魚崎・住吉)・中組(御影・石屋・東明・八幡)・西組(新在家・大石)が形成される 灘酒造業 第3章第5節2
1829 文政12 9   明石藩が銀札の通用を停止する 松平氏の明石藩政 第4章第1節3
1831 天保2     この頃より、北風荘右衛門が北海道・北陸の北前船主らと取引関係を結ぶようになる 海運・兵庫津 第4章第6節2
1832 天保3     灘三郷の酒造家に新規株が交付される 灘酒造業 第4章第5節3
1833 天保4 8   兵庫で米屋の打ちこわしが起こる、米の廉売が行われる 飢饉 第4章第2節2
1833 天保4 12   尼崎藩が銀札の引き替えを停止する 松平(桜井)氏の尼崎藩政 第4章第1節3
1836 天保7 9 25 天保の飢饉により、神戸村で粥施行が始まる 飢饉 第4章第1節2
1836 天保7     幕府が酒造統制を強化する 灘酒造業 第4章第5節3
1838 天保9 9   名古屋の医家宇津木益夫が「有馬温泉功能略記」を著す 有馬温泉 第5章第6節2
1839 天保10 8   武庫・菟原・八部郡の村々が、座頭・虚無僧らの勧進の規制を求め訴願を行う 争論 第4章第3節3
1840 天保11 4 22 下谷上村天彦根神社の長殿(農村舞台)が建立される 文化 第4章第7節2
1840 天保11     西宮の宮水(硬度5度内外の硬水)が酒造に用いられ始める 灘酒造業 第4章第5節4