お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
灘の酒造業
1 在方酒造業地灘
2 日本酒のルーツ
3 江戸積みの酒
4 近世前期の酒造地域
5 近世前期の灘酒造業
6 酒造働人の出稼ぎ
7 灘の江戸積み酒造業の興り
8 摂泉十二郷の成立と天明8年の株改め
9 灘・今津の酒株
10 樽廻船と新酒番船
11 江戸の酒問屋
12 文化文政期の灘酒造業と上灘郷の分裂
13 天保3年の新規株
14 宮水と水屋
15 屋の酒荷物積み出し状況
16 幕末の灘酒造業
17 摂津十二郷の解散
18 酒の自由営業
4 近世前期の酒造地域
<<概論・目次に戻る

  米を原料とする酒造業は幕藩領主より厳重な統制を受ける産業でした。そのため不作年には減醸令が触れられ米の使用が制限されました。近世最初の制限令といわれる寛永19年(1642)7月の触に、三都ならびに酒をもって著わる地は前年の半造りとすること、とあります。
 
酒造株札
酒造株札(柴田家史料)
拡大
酒造業を把握するため、万治3年(1660)幕府は酒家の調査を行い、それに基づいて「酒造株」を設定します。このときの調査は、各酒造家が明暦2年(1656)に使用した米高を申告させ、このときの届け出をもって酒造株とし、その米高を株高としました。酒造家には株札が交付されたのですが、このときの株札の形態については現史料が発見されておらず知ることができません。その後の現存する株札は、各酒造家の酒造米高が表示されるとともに、酒造人の住所・氏名を明記した酒造株札(写真)が発行され、これを所持する者に限り酒造営業がみとめられました。当初の酒造株の取得者は池田・伊丹・西宮・大坂等の酒造家です。
  一度酒造株が設定されて後も、年月を経るうちに各酒造家の興亡や造り高の増減が繰り返されたため、株改めが行われました。寛文6年(1666)に行われた第一次株改め以降、近世を通じて数度の株改めが行われています。
  元禄10年(1697)、幕府はこれまで行われなかった酒に対する運上金の賦課を目的として株改めを行いました。酒価の5割という高率の運上であったため、酒造家たちは驚き、自発的に酒造石高を押さえる傾向がありました。
  同12年には、「今度の所々暴風雨によって米その他穀物が不足するので江戸廻米促進のため酒造高を株高の五分一の制限することを令し、さらに14年まで減醸が令されています。そして15年3月、改めて酒造家に元禄10年の酒造高を申告させ、これをもって酒造株高とし、この石高を基準に宝永5年(1708)まで毎年5分1造りが発令されました。
  酒運上については、酒造家の造り石高の過少申告と、連年の減醸のため幕府が期待したほどの収入もなく、宝永6年には廃止されました。
  このころ江戸へ送られたのは、大坂天満・堺・伊丹・池田・尼ケ崎・大鹿・小浜・清水・三田・兵庫・富田・西宮・鴻池・山田・尾州・三州・濃州・勢州、此外所々在々の酒で、元禄10年には64万樽(以後減醸令のため、11年58万樽、12年42万樽、13年22万樽)の酒が江戸に入津していますが、当時灘目は江戸積み酒造地域のなかには含まれていませんでした。表−1は元禄11年の全国の酒造状況を示したものです。また表−2は同10・11年の灘・今津の酒造人と酒造高を示していますが、いずれも規模の小さなものでした。

表−1 1698(元禄11)年の酒造状況 (『灘酒沿革史』より)
地域 酒造家 数(軒) 醸造米高 (石) 樽数 (樽)
畿内 4630 118318 538053
中国 3215 83955 239872
西国 4468 160841 459547
四国 1201 39091 111689
北国 1636 81530 232944
関東 3636 79721 227774
出羽・奥羽二国 4422 142953 448439
その他 3043 132928 379796
27251 909337 2628114

表−2 16978・1698(元禄10・11)年の灘酒造業
(白米100石につき清酒60石積り)
(『灘酒経済史料集成』より)
  元禄10年 元禄11年
村名 酒造人 酒造米高 清酒成高 酒造米高 清酒成高
今津 吉兵衛 31 562 19 000 23 256 14 000
善左衛門 24 917 15 000 24 917 15 000
次郎兵衛 21 595 13 000 21 595 13 000
打出 善左衛門 74 751 45 000 49 834 30 000
源左衛門 149 502 90 000 83 056 50 000
深江 太郎兵衛 83 306 5 000        
東青木 仁兵衛 19 934 12 000 17 442 10 500
魚崎 十兵衛 581 396 350 000 498 339 300 000
弥右衛門         116 279 70 000
治左衛門 166 113 100 000 166 114 100 000
芦屋 治右衛門 29 000 18 000 29 900 18 000
三条 利兵衛 21 595 13 000 16 101 10 000
住吉 五郎左衛門 112 957 68 000 36 213 21 800
伊左衛門 49 834 30 000 40 365 24 300
孫左衛門 24 917 15 000 11 628 7 000
川原 三郎左衛門 19 934 11 628 11 528 7 000
原田 善次郎 24 917 15 000        
神戸 喜左衛門 33 223 20 000 18 272 11 000
太兵衛 46 512 28 000 22 425 13 500
善左衛門 5 814 3 500 3 654 2 200
善次郎 46 512 28 000 21 595 13 000
二ツ茶屋 喜兵衛 19 934 12 000 3 322 2 000
三右衛門 41 528 25 000 13 289 8 000
恕仙 19 934 12 000 3 322 2 000
伊左衛門 33 223 20 000        
小路 九左衛門         8 306 5 000
26人 1608 810 1240 851 1240 851 747 300