お問合せ ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
灘の酒造業
1 在方酒造業地灘
2 日本酒のルーツ
3 江戸積みの酒
4 近世前期の酒造地域
5 近世前期の灘酒造業
6 酒造働人の出稼ぎ
7 灘の江戸積み酒造業の興り
8 摂泉十二郷の成立と天明8年の株改め
9 灘・今津の酒株
10 樽廻船と新酒番船
11 江戸の酒問屋
12 文化文政期の灘酒造業と上灘郷の分裂
13 天保3年の新規株
14 宮水と水屋
15 屋の酒荷物積み出し状況
16 幕末の灘酒造業
17 摂津十二郷の解散
18 酒の自由営業
3 江戸積みの酒
<<概論・目次に戻る

  江戸積みの酒とは、文字通り上方から江戸へ廻船によって送られた酒です。十七世紀初頭、徳川家康によって江戸にはじめて幕府が開かれ、江戸は将軍の居城する政治都市としてこれまでにみられない膨大な人口を抱えた大消費地となり、これらの人々の需要を賄うための大量の生活必需物資の供給地が大坂でした。大坂は、生産力・技術力の高い畿内農村を背景とし、また海上交通の盛んな瀬戸内海を西に、「諸国取引第一の場所」としてその役割を担いました。江戸積み酒造業もまた、このような流通体制のなかで展開された産業です。