お問合せ ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
灘の酒造業
1 在方酒造業地灘
2 日本酒のルーツ
3 江戸積みの酒
4 近世前期の酒造地域
5 近世前期の灘酒造業
6 酒造働人の出稼ぎ
7 灘の江戸積み酒造業の興り
8 摂泉十二郷の成立と天明8年の株改め
9 灘・今津の酒株
10 樽廻船と新酒番船
11 江戸の酒問屋
12 文化文政期の灘酒造業と上灘郷の分裂
13 天保3年の新規株
14 宮水と水屋
15 屋の酒荷物積み出し状況
16 幕末の灘酒造業
17 摂津十二郷の解散
18 酒の自由営業
14 宮水と水屋
<<概論・目次に戻る

  灘酒造業の躍進の背景には、六甲山系の斜面を利用した水車精米や寒造りに適した仕込み技術の向上、また輸送に便利な立地条件等がありました。
明治期の精米水車
明治期の精米水車
拡大

  灘酒は仕込み技術の改善によって他郷にくらべ酒米量に対する水の割合が高く、幕末の御影村加納治右衛門家の仕込みは、蒸米1石に対し水1石となっています。ちなみに同時期の伊丹郷小西家では蒸米1石に対し水は5斗6升です。
  灘郷で行われていた米1石に水1石の仕込み方法を「十水」あるいは「石水」と称し、仕込み水が多いと当然水質が重要視されます。酒の仕込みにおいて水が重要な位置を占めるようになったころ、天保11年(1840)、魚崎村の山邑(荒牧屋)太郎左衛門によって、西宮で発見された六甲山系の伏流水は「宮水(みやみず)」と呼ばれ、酒造にもっとも適した水として灘の酒造家に供給されました。
千石造り酒造設計案平面図
千石造り酒造設計案平面図
(大保6年
加納治郎右衛門提出)
拡大

  上灘郷東組に属する魚崎村の山邑太郎左衛門は魚崎と西宮で酒造を行っていましたが、同じ仕込みであるにかかわらず常に西宮の蔵で醸す酒が優れていたことから、試みに西宮の蔵で使っている水を魚崎に運んで仕込み水に用いたところ、西宮蔵で造る酒と同じものを得ることができました。これが宮水の発見といわれています。
  宮水の発見によって「水屋」といわれる業者が現れました。彼らは仲間を組織し、酒の仕込み時期になると水陸から灘の各酒造家に宮水を運びました。水屋は、宮水の湧く井戸の所有者で「水元」あるいは「井戸もと」といわれ、水を樽詰めにして運搬業者に託します。水賃は水元が得、船賃あるいは陸送の場合の車賃は運送業者が距離の遠近を見合わせ、酒造家との相談によって価格が決められました。
 表−10は安政5年の江戸積み樽数とその決算をまとめた仕切りです。1970樽が江戸の酒問屋鹿嶋屋に送られ、その時々の値段が記されています。



表−10 安政5年(1858)の柴田家造酒売付仕切り(鹿嶋利右衛門)
 年月 銘柄 樽数(樽) 2樽値段 代金 廻船
3月29日 丹頂 10 19両 9両2歩 藤田四郎兵衛
4月 4日 10     西田秀三郎
  11日 40     木屋市五郎
  12日 40 〆150駄   柴田三十郎
  同 40 18両2歩 277両2歩 木屋源五郎
  22日 30     西田益十郎
  同 60     桝屋徳十郎
  同 80     吉田正太郎
5月13日 60     西田徳之助
  同  100 〆320駄   桝屋市蔵
  18日  80 18両2歩(160樽) 148両 塩屋秀三郎
  同 20 18両(160樽) 144両 万屋福太郎
  21日  20     桝屋富五郎
  晦日  40     桝屋権九郎
6月6日 60 17両2歩 52両2歩 塩屋秀三郎
10月1日 80     桝屋徳十郎
   8日 20 23両 149両2歩 吉田正十郎
   23日 30     西田吉太郎
11月17日 70 23両 80両2歩 木屋半左衛門
小計   890   861両2歩  
4月11日 壽海 120     木屋市五郎
  12日 60 16両(180樽) 144両 小西吉之助
  22日 60 14両2歩(140樽) 101両2歩 西田益十郎
  26日 80     吉田庄太郎
5月18日 80 13両2歩(140樽) 94両2歩 吉田庄十郎
24日 100 6両2歩(40駄、変酒) 13両 西田権次郎
6月21日 60 14両2歩 43両2歩 木屋市蔵
8月14日 80     桝屋徳十郎
15日 20 18両2歩 92両2歩 塩屋平作
10月29日 10 18両 9両 木屋秀五郎
11月27日 60 17両2歩 52両2歩 木屋半左衛門
10月29日 80 10両2歩(海中捨り) 42両 小西平八
小計   910   592両2歩  
6月6日 松緑 40     塩屋秀三郎
21日 40 13両2歩(90樽) 60両3歩 柴田三十郎
26日 20 6両2歩(10樽、変酒) 3両1歩 桝屋権九郎
8月27日 40 19両 38両 吉田庄十郎
9月15日 40     塩屋三十郎
40 16両2歩 66両 木屋半左衛門
10月8日 40     吉田益十郎
18日 10 19両 47両2歩 塩屋秀三郎
小計   270   215両2歩  
合計   1970   1669両2歩 (口銭等引〆金1528両と
銀1匁7分)