お問合せ ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
灘の酒造業
1 在方酒造業地灘
2 日本酒のルーツ
3 江戸積みの酒
4 近世前期の酒造地域
5 近世前期の灘酒造業
6 酒造働人の出稼ぎ
7 灘の江戸積み酒造業の興り
8 摂泉十二郷の成立と天明8年の株改め
9 灘・今津の酒株
10 樽廻船と新酒番船
11 江戸の酒問屋
12 文化文政期の灘酒造業と上灘郷の分裂
13 天保3年の新規株
14 宮水と水屋
15 屋の酒荷物積み出し状況
16 幕末の灘酒造業
17 摂津十二郷の解散
18 酒の自由営業
11 江戸の酒問屋
<<概論・目次に戻る

  元禄7年(1694)、江戸十組問屋が結成されたとき、酒問屋も酒店組として加入しました。
  16年の酒問屋をみると、茅場町組48軒、瀬戸物町組30軒、呉服町組34軒、中橋町組14軒の126軒があり、酒問屋と小売り酒屋の仲介をする酒仲買が42軒とあります。
江戸酒問屋(江戸名所図会)
江戸酒問屋の繁盛
(江戸名所図会)
拡大

 酒の江戸送りの始まりついて、寛政10年著された『日本山海名産図会』に以下のように記されています。 
伊丹は日本上酒の始とも言うべし、古来久しきことにあらず、元は文禄・慶長(1592〜1614) の頃より起りて江府に売り始めしは伊丹隣郷鴻池村山中氏の人なり(略)馬に負ふせてはるばる江府にひさぎ、図らずも多くの利を得て、その価をまた馬に乗せて帰りしに、江府ますます繁盛に随ひ、石高も限りなく、富巨万をなせり
  この記述にあるように、江戸での酒の販売は、酒造家自身が陸路を江戸に運んで直売したことにはじまります。
  上記の酒問屋126軒の内には池田・伊丹・大坂の酒家の出店問屋が多く含まれ、当時盛況であった池田・伊丹・大坂の酒造家の出店が進出していました。
  このように、江戸に出店を持った酒屋があった一方、これよりのちに江戸送りを始めた西宮・灘は出店問屋を持たず、酒造家から江戸に支配人(差配人・目代)を送り、常駐させて、支配人に、問屋への酒の販売、代金の回収、酒造家への送金、市場調査、等々、江戸における販売業務の一切を代行させました。
  大坂・西宮の樽廻船問屋によって船積みされた酒荷物は品川に着くと、江戸の廻船問屋の差配により瀬取船に積み替えられて新川に建ち並ぶ酒問屋の蔵前に運ばれ、酒の送り状と照合した上で酒問屋に引き取られます。酒問屋は早速酒仲買に売り、このとき値段が決められます。この値段は原則として入津した日から50日目に上方の酒造家に報告され、酒造家はこのときはじめて自分の送った酒の値段を知ることになります。売りつけが終わると30日(のち50日)のうちに問屋から内金が支払われます。
  江戸の酒問屋は、新酒が入津して、その酒造年度の最後の酒の入津が終わるまで、順次代金を内金として上方の酒造家に送り、最後に総決算が行われます。
  元禄期に126軒あった酒問屋は以後減少します。酒造の制限、あるいは奨励、勝手造りという変動と、同業者内での競争により淘汰される問屋も多く、正徳5年(1715)の問屋110軒、宝暦6年(1756)84軒、寛政5年(1793)45軒となっています。
流行酒銘録
流行酒銘録
拡大

  そこで、酒問屋は仲間の結束と独占をはかり、冥加金1500両を上納することを条件に下り酒問屋株の公認を幕府に願い出て、文化6年(1809)に酒問屋株は38軒に固定されました。しかしこの38軒がめまぐるしく交代し、さらに天保4年(1833)には36軒、慶応元年(1865)26軒になっています。