お問合せ ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
収蔵資料
収蔵資料のあらまし
古文書
新聞
神戸市行政資料
図書・文献類
古文書

>>江戸時代 >>近代・現代 >>居留地関係文書 >>雑誌(明治〜昭和初期)

 近世・現代
>>5
文書名
市役所街路計画・大砲関係文書
解題
全34件55点。年代が明らかなものでは明治35年(1902)から昭和5年(1930)にわたる。いずれも本来は神戸市役所の所蔵文書の一部であったと考えられる。内容は、大きく@昭和5年の「大砲二関スル綴」、A大正期〜昭和初期に進められた神戸市の都市計画事業に関する文書に分けられる。 @は、昭和5年当時市が管理していた2門の午砲(明治10年頃神戸港初代港長マルマン氏が使用していた午砲と大正9年〈1920〉当時の港務部長であった藤井治三郎氏寄贈の午砲)の下付申請に関する文書の綴りで、神戸市庶務課の名がある。これらの午砲は、当時使用されておらず、神戸商工会議所が、会議所の前庭に据え付けて「神戸市発展の歴史の一端を飾る格好の記念」としたいと下付を申請した。これに対し、神戸市は、保管を委託するという形式で貸与することとし、同年5月8日に2門を会議所に引き渡している。 また、Aは、神戸市都市計画部が所管したものと考えられ、そのほとんどが、大正8年度から昭和13年度にかけて3期にわたって道路の新設拡張改良を進めた市の都市計画事業にともない作成された文書である。具体的には、路線計画図・丈量図・土地平面図などの地図類および用地買収・費用補償などに関する書類からなる。特に、大正12年の須磨町編入を受け、大正12年度から昭和3年度にいたる6ヶ年継続事業として実施された都市計画第2期事業(須磨線・尻池線・東高松線の整備)に関わるものが多く見られる。
備考
・閲覧可/複写可


文書名
兵庫津山田家文書
解題
 八部郡兵庫津湊町(現兵庫区)で紙商売を営んでいたらしい山田吉三郎とその息子の吉介(助)、続柄は明確に出来ないが縁者らしいるい・てい(貞)に関する文書群で、全39点。年代が明らかなものでは明治2年(1869)から24年にわたる。
内容としては、吉三郎が当事者となった紙代金の不払いをめぐる一連の訴訟関係文書のほか、神戸説教所取持方や護持会世話係の依頼状、志納金・進納金の受取証・披露状といった西本願寺(浄土真宗本願寺派)の門徒としての活動を伝える文書、借金証文や地所売渡証文、琴や三味線の伝授に関する文書等がある。なお、吉介については西出町、ていには佐比江町、るいには三川口町(以上すべて現兵庫区内)の肩書きのついた文書が見られる。
平成26年に古書店より購入。
備考
・閲覧可/複写可


摂州灘酒家興業会社関係文書
解題
有限責任摂州灘酒家興業会社は、明治20年(1887)、小綱与八郎・河東利介(助)・嘉納治郎左衛門ら灘の酒造家6名と彼らの居住する村々の戸長3名が発起人となり、清酒・麦酒等の醸造販売、酒荷等の回漕、酒造に付属する事業のほか、諸貸付・為替・預金業務を行うことを目的として設立された。
翌21年に金融部門を分離、22年には社名を摂州灘興業株式会社と改め、汽船による兵庫〜東京へ定期航海を開始した。明治25年には、国内のみならず中国航路にも進出して大豆や豆粕の輸送にも従事している。その後、明治31年に西宮の辰馬家を中心とする盛航株式会社と合流して摂津航業株式会社となる。
内容は、創立ノ要旨及開業広告、定款及創立願書、書記掛兼簿記掛の嘱託状の3点。
平成26年に古書店より購入
備考
・閲覧可/複写可


脇浜埋立工事関係文書
解題
明治39年(1906)から42年頃にかけての新生田川東岸脇浜沿岸(現在の中央区脇浜海岸通3丁目付近)の埋め立てによる船溜(葺合港)と荷揚場(葺合港共同荷揚場)の築造工事に関する文書群で、計9点。平成26年に古書店より購入。伝来の詳細は不明であるが、沿岸の地主の元に残されたものらしい。
内容は、水面埋立の委嘱契約書の草案(委嘱元:関係地主=埋立出願者、委嘱先:合名会社鈴木商店)、工事の説明書・仕様書・設計書と起業目論見書・収支概算書の綴り(草案。作成者不明)のほか、工事実施にともなう埋立地東部沿岸の土砂流失被害について、兵庫県へ対処を求める陳情に関わる文書等も含まれている。この工事については、地元の有志の設立になる神戸葺合港修築会社が明治40年11月に着工し、43年2月に竣工したとされているが(『神戸開港百年史 建設編』等)、本文書はその実態を知る上で興味深い史料群といえよう。
備考
・閲覧可/複写可


松岡宗七文書
解題
菟原郡都賀浜村の内新在家村(現灘区内)の酒造家と見られる松岡宗七の作製になる、明治24(1891)〜25年の酒造に関する帳簿類。
清酒売捌帳・酒造仕込帳・粕目方帳・酒造原品受払帳が合綴されている。
平成27年に古書店より購入。
備考
・閲覧可/複写可


盛航会社関係文書
解題
 有限責任盛航会社は、明治20年(1887)に井上仁兵衛、辰馬吉左衛門、辰馬半右衛門ら6名の灘の酒造家が、各人の帆走船を現物で出資して設立した海運会社で、明治26年に盛航株式会社へ組織変更している。
当初は清酒のほか九州の石炭や備前の食塩などの帆船輸送を行ったが、のちに汽船の所有・運航へと事業展開し、組織変更後は海外向け輸送も行った。明治31年、武庫郡長の渡辺徹や同社取締役の河東利助らの発起で摂津航業株式会社が設立されるのにともない、所有船舶を全て同社へ売却して解散した。
内容は、明治21年下半期業務報告書1点。平成27年に古書店より購入。
備考
・閲覧可/複写可


有井作太郎文書
解題
明治時代の有馬郡長尾村の内宅原村(現北区内)のため池での鯉・鮒等雑魚養殖の申請書(草案あるいは控え。兵庫県宛)1点。
平成27年に古書店より購入。
備考
・閲覧可/複写可


大日本国防婦人会神戸本部須磨第五分会関係文書
解題
大日本国防婦人会神戸本部(昭和15年〈1940〉に神戸地方本部に改称)須磨第五分会(神戸市須磨区月見山町・須磨寺町・須磨本町・離宮前町・行幸町・須磨浦通・桜本町・天神町を区域とする)で、本部から送達されてきた文書あるいは本部に提出した文書の写しなどを、会議書類、諸規定、発来翰、参考書類などに分類して綴った簿冊6点。
ほかに大日本国防婦人会会則、神戸地方本部概観、分会事務書類提要などの冊子類が若干別に残る。綴られている文書の年代は簿冊により差異があるが、全体として昭和12年から17年に及んでいる。
大日本国防婦人会は、昭和7年3月に結成された大阪国防婦人会を前身とし、同年10月に発足した婦人団体で、軍の支持・指導下に組織を急速に拡大、出征軍人歓送迎事業、傷痍軍人・遺家族の慰恤事業、国防不足資源の収集運動等のほか,防空演習も行った。
神戸本部は昭和8年11月に関西本部から独立。その沿革や事業活動については、『大日本国防婦人会神戸地方本部十年画史』(同本部刊、昭和18年)にくわしくまとめられているが、本文書は、それらを実際にやりとりされた文書で具体的に跡づけることができる貴重な史料群であろう。
平成27年に古書店より購入。
備考
・閲覧可/複写可


山脇家文書
解題
有馬郡塩田村(現北区道場町塩田)出身の農政家・実業家で、兵庫県議や神戸有馬電鉄(現在の神戸電鉄)社長、兵庫県農会長、帝国農会副会長等を務めた山脇延吉(1875〜1941)と父篤蔵に関する文書群。全3108点。時代は明治20年代〜昭和10年代に及ぶ。  点数的には約4割を占める延吉に関する文書には、それぞれ数は多くないものの、神戸有馬電鉄やこれに先んじて延吉が設立した有馬鉄道(のちの国鉄有馬線、廃)の設立・経営に関する文書、兵庫県会や系統農会(帝国農会・兵庫県農会・道府県農会長協議会等)での活動に伴う文書が見られる。加えて、系統農会の農政活動を通じて中央政・官界にも知られた延吉が昭和10年代に歴任した、価格形成中央委員会・農林計画委員会等の委員、全国購買組合連合会理事、日本米穀会社設立委員といった中央の役職に関わる文書(委員会の配布資料等)が少しまとまって残っている。  このほか、やや異色のものに、@延吉が姫路第10師団所属の予備役将校として日露戦争に従軍した際、留守宅に書き送った軍事郵便(約60点)と関連文書、A延吉死去にあたって各方面から寄せられた350通もの弔電がある。@は兵士の日露戦争の従軍体験を生々しく伝える。Aからは延吉の交友関係をうかがうことができる。  父篤蔵は、酒造・製油・肥料業や米穀商を営み、また、道場銀行の頭取や三田銀行の取締役・三田共融銀行の監査役等を務めた。これより、篤蔵に関する文書としては、右のような事業や家計の運営に伴う手紙・葉書や領収書・勘定書・通帳類が大半を占める。手紙・葉書には、家族や交際に関わるものもあって、学生時代の延吉が送ったものも見える。加えて、篤蔵は有馬郡会議員・郡参事会員、道場村助役・同村会議員・同村学務委員といった公職についており、これらに関わる文書も若干含まれる。  平成9年、延吉の遺族より寄贈を受けた。
備考
・閲覧可/複写可
・延吉の伝記については、北内恵次郎編『山脇延吉翁遺メx(山脇延吉翁事績編纂会、1943)、洲脇一郎「山脇延吉ノート(一)」(新修神戸市史編集室編『神戸の歴史』第8号、1983)を参照した。このほか、水嶋元『農民の父 山脇延吉の生き方』(知道出版、2007)もある。また、延吉の軍事郵便を扱った研究として、大谷正「ある予備役将校の日露戦争体験(一)(二)―神戸市文書館所蔵・山脇延吉家文書所収の軍事郵便を読み解く―」(『専修人文論集』第96号・99号、2015・2016)がある。

>>5