お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
収蔵資料
収蔵資料のあらまし
古文書
新聞
神戸市行政資料
図書・文献類
古文書

>>江戸時代 >>近代・現代 >>居留地関係文書 >>雑誌(明治〜昭和初期)

 江戸時代
>>4
文書名
神宝方棟梁林家文書<寄託>
解題
 江戸時代、紅葉山・寛永寺・増上寺・日光・久能など、将軍家由緒の社寺の修復・普請、神宝の管理などを扱った幕府神宝方(勘定所の一部門)の御用を勤め、神宝方棟梁(漆奉行支配)としてこうした社寺の修復、神宝・道具類の新造・修復、将軍家の葬送・法事御用等に携わった林氏の子孫宅に伝来した文書群。平成23年に寄託を受けた。全8点。
 文書は、剣術の秘伝書の写しとおぼしく、伝来につき明らかにしがたい1点を除けば、 貞享2年(1685)に神宝方御用を初めて仰せ付けられたという林伊兵衛の孫で、 宝暦2年(1752)に父の跡を継いで神宝方御用を務め、安永7年(1778)に神宝方棟梁(漆奉行支配)に命じられた林又三郎の所持になるものと、宝永4年(1707)に神宝方御用を仰せ付けられたという林又右衛門の流れをくみ、文政10年(1827)に父の跡を継いで御用を務めるに至った林清三郎の所持になるものの二系列に分かれる。両者は同姓で、ともに本国伊勢と見えるが、本文書中の史料からは姻戚関係は確認できず、いずれの時点で両者が所持していた文書が一体となったかは不明である。内容としては、林又三郎関連のものが、漆奉行支配以降の林家の身分上の扱いに関わる諸達・諸願等の留と同家を含む神宝方棟梁が勘定所等に差し上げた諸願の留(安永〜天明)、林清三郎関係のものが、本人および先祖の経歴を記した由緒書(内容に多寡・異同のあるものが4点ある)及び神宝方御用向仲間の仲間規定書(天保2年〈1831〉)である。
備考
・閲覧可/複写可


文書名
生駒家文書
解題
 生駒家は、兵庫津魚棚町に居を構えた商家で、屋号を石屋という。生駒家文書は、同家にまつわる文書群で、計506点。平成23年、同家より寄贈を受けた。
 本文書には、本家石屋と2家の別家にかかわる史料が一括されており、後年に写されたであろうものを除き、年代は元禄13年(1700)から昭和10年(1935)に及ぶ。なお、経緯は不明ながら、諸大名家から銭屋徳兵衛に宛てた享保期の借用(大名貸)証文が19点紛れ込んでいる。これらは置くと、内容としては、まず生駒家(石屋)の家業経営に関する史料が挙げられる。そのうち、近世文書では、煙草仲買仲間・米市場仲買仲間といった株仲間の活動や青莚商売(青莚は、七島藺〈しっとうい〉という藺草を加工した莚のこと)にかかわるものが多く、兵庫津の青莚商人と大坂問屋との間で起こった争論の記録、煙草仲買仲間内の仲間株をめぐる争論の訴訟文書、明和9年(1772)の米市場(株仲間)設立に至る願書の留、青莚商人や煙草仲買仲間・米市場仲買仲間内の取り決め、米市場仲買仲間の株所持者の記録等が含まれる。このほか、多数の借用証文・借家証文、御用金の貸し付けに関する文書等は、生駒家の金融や不動産経営の一端を示す。加えて、「永続録」と題する別家取り立てや家内の取締向についての定書、「相続録」と題する本家・別家の相続についての定書からは、上記の家業経営を支えた石屋の同族団経営の実態がうかがえる。また、明治以降の文書では、経営帳簿や借用証書、商品目録や商売の心構えを記したもの等が見られる。特に、明治18年(1885)に松方デフレの不景気により多くの兵庫津商人の経営が傾くなか、生駒家当主が本家の経営改革を一門に(ヵ)強く呼びかけている「上」と題した声明や、明治35年に当主が自家の負債や財産を書き上げた「生駒家改革概算書」等は、生駒家の経営理念や経営の全体像をかいま見ることができて興味深い。
 一方、生駒家の家に関する史料として、幕末に「中興」以来の歴代の由緒を綴った「中興記録」が同家の系譜を伝えるほか、近世〜近代の冠婚葬祭に際して作成された帳簿類や到来品の目録等は、商家の生活や交際のもようをうかがわせる。さらに、茶伝書や蹴鞠の宗家・難波家からの免許書等茶道・蹴鞠・生け花・謡曲に関する文書、多数の書画・詩歌、「蔵書比加恵簿」に記される書籍・書画等からは、兵庫津商人の文化的素養の高さを知ることが出来る。このほか、軍学の関係か、多数の城の縄張り図や戦場の陣立図がある。
備考
・閲覧可/複写可。


文書名
浅井佐治兵衛家文書
解題
 旧西尻池村(長田区内)の浅井家に伝わった文書群で、全42点。平成5年に寄贈された。内容としては、寛保3年(1743)から文久2年(1862)におよぶ田畑・居宅などの譲渡証文・質入証文類がほとんどを占める。このほかに、明治期の八部郡須磨村立白川尋常小学校の日誌があり、前後に欠があるが、明治26年5月から31年9月までの記事が見られる。
備考
・閲覧可/複写可

文書名
上谷上天満神社下張文書
解題
 天満神社(北区山田町上谷上)にあった襖の下張りから発見されたもので、同社より寄贈された。年未詳の諸国米并仕立飛脚出所大石通筋田葉粉屋九右衛門の広告が刷られた袋1点。
備考
・閲覧可/複写可
>>3 >>4 >>5