お問合せ・刊行物申込 ホーム
2月8日(金)〜17日(日)
新修神戸市史中間報告展示会
「神戸の中世再発見」
期間
2008年2月8日(金)〜2月17日(日) 開場時間 10:00〜17:00
会場
神戸市文書館(神戸市中央区熊内町1-8-21)
主催
神戸市文書館・神戸市教育委員会
新修神戸市史編集委員会
協力
神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター
入場
無料
内容
新修神戸市史編纂のための史料調査の成果として、神戸市文書館所蔵「山田出張所旧蔵文書」から「管領斯波義将施行状(しぎょうじょう)」等の古文書の展示をおこないました。あわせて、神戸市教育委員会から神戸市内で発掘された輸入陶磁器や、甲(よろい)、さらに押部谷小学校蔵・神戸市立博物館保管「蒔絵桜花南蛮人文絵鞍(まきえおうかなんばんじんもんえくら)」を展示しました。期間中、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターの研究員や、大学院生が展示の説明をおこないました。また期間中3回、古文書講座を催し、展示古文書の詳しい解説をおこないました。なお、展示された「管領斯波義将施行状」については、こちらで詳しく紹介していますのでご覧ください。来場者は402名でした。

お知らせに戻る   新修神戸市史のトップに戻る