お問合せ・刊行物申込 ホーム
12月2日(土)〜11日(月)
新修神戸市史中間報告展示会
「中世石峯寺の古文書と出土品」
期間
2006年12月2日(土)〜12月11日(月) 開場時間 10:00〜17:00
会場
神戸市文書館(神戸市中央区熊内町1-8-21)
主催
神戸市(文書館・教育委員会)
新修神戸市史編集委員会
協力
神戸大学文学部地域連携センター
入場
無料
内容
新修神戸市史編纂のための淡河石峯寺(しゃくぶじ)の調査で新たに発見されたものを中心に古文書の展示をおこない、あわせて、神戸市教育委員会がおこなった石峯寺子院岩本坊跡の発掘で発見された出土品を展示しました。期間中、神戸大学文学部地域連携センターの研究員や、大学院生が展示解説をおこないました。展示された新出の古文書については、こちらで詳しく紹介していますのでご覧ください。来場者は131名でした。

お知らせに戻る   新修神戸市史のトップに戻る