ホーム > 区役所 > 須磨区 > 区の紹介 > 須磨ニュータウンの紹介 > 須磨ニュータウンの歴史

須磨ニュータウンの歴史

最終更新日:2022年10月3日

ここから本文です。

須磨ニュータウンは、神戸の都心「三宮」の西方約10kmの須磨区と垂水区の境界に位置し、「高倉台」「横尾」「名谷」「落合」「白川台」「北須磨」の6団地からなる計画人口113,000人、面積900haの大規模なニュータウンです。
以下では、須磨ニュータウン開発の歴史を紹介します。

海と山に挟まれた神戸市にとって、土地開発はその発展のために不可欠でした。昭和20年代の後半から30年代の初めにかけて、工業化が進み、諸外国との貿易量が急速に増大していき、神戸市では臨海工業用地の確保、港湾施設の整備、急増する人口のための住宅政策の3つが緊急の課題となっていました。そこで、六甲山系の山から土砂を採取し、その土で臨海部を埋め立てるとともに、採取した跡地は住宅団地として造成することになりました。いわゆる神戸方式の開発手法「山、海へ行く」のまちづくりであり、この開発手法を本格的に取り入れたのは、ポートアイランド計画の具体化が契機となっています。

埋立用土砂は六甲山系の山から採取されることになり、昭和35年には鶴甲山、昭和37年には渦が森で工事が開始されていましたが、鶴甲と渦が森の土砂採取量だけでは、東部の臨海工業地帯を全て埋め立てる事は不可能であったことと、並行して西部の臨海工業地帯の造成も進めていたことから、高尾山と高倉山からも採取することになりました。

高倉山から東部工区への陸上輸送は、安全面からもコスト面からも不可能であるため、海上輸送に着目し、ベルトコンベヤとプッシャーパージ方式を、全国で始めての試みとして採用することになりました。このベルトコンベヤは平成17年9月に稼働が停止するまで、西神ニュータウンの造成や六甲アイランドの埋め立てにも利用されました。

ベルトコンベヤ

船積桟橋

須磨NT上空写真

上記の写真につきましては、以下の場合を除き、無償でご利用いただけます。この場合、画像等利用の申請は不要です。ただし、使用に際しては、「写真提供神戸市」をクレジットしてください。

<ご利用いただけないケース>

提供する写真そのものが商品価値をもつ場合(絵葉書や写真集など)

「デザイン都市神戸」のイメージを損ねるような内容のものに使用する場合

須磨ニュータウンの年表

昭和31年 1956  
  • 神戸市が政令指定都市になる
  • 神戸市人口100万人を突破
昭和32年 1957  
  • 須磨水族館開館
昭和33年 1958
  • 多井畑土取り開始(高倉台)
 
昭和39年 1964
  • 須磨ベルトコンベヤ(船積みコンベヤ)運転開始
  • 東京オリンピック開催
昭和41年 1966
  • 北須磨団地造成工事着工
  • 白川土地区画整理組合設立
 
昭和42年 1967
  • 北須磨団地入居開始
  • 須磨離宮公園開園
昭和43年 1968
  • 横尾計画決定(一団地の住宅経営事業)
  • 落合団地土地区画整理事業開始
  • 神戸高速鉄道開通(4私鉄相互乗入れ)
  • ポートアイランド起工式
昭和44年 1969
  • 落合・名谷地区開発基本計画
  • 名谷地区新住宅市街地開発事業計画決定
  • (財)開発管理事業団設立
 
昭和45年 1970
  • 白川台団地入居開始
  • 緑ヶ丘団地入居開始
  • 北須磨団地センター(生協ストア等)オープン
  • 万博開催
  • ポートアイランド使用開始
昭和46年 1971
  • 横尾地区新住宅市街地開発事業計画決定
  • 白川台地区センター(量販店、専門店等)オープン
  • 白川台会館オープン
  • 北須磨団地労金会館完成
 
昭和47年 1972
  • 高倉台団地第1次宅地分譲
  • 六甲アイランド起工
昭和48年 1973
  • 高倉台団地入居開始
  • 高倉台センター(市場、専門店)オープン
  • 高倉会館オープン
  • オイルショック
昭和49年 1974
  • 須磨ベルトコンベヤ運搬土量1億立方メートル達成
 
昭和50年 1975
  • 名谷団地入居開始
  • 名谷団地第1次宅地分譲
  • 若草町入居開始
 
昭和51年 1976
  • 名谷南会館オープン
  • 高倉台センター(量販店)オープン
  • 北須磨団地自治会館オープン
  • 須磨海釣り公園オープン
昭和52年 1977
  • 北須磨支所開設
  • (株)神戸ニュータウン開発センター設立
  • 名谷南センターオープン
  • 市営地下鉄(名谷~新長田)開通
昭和53年 1978
  • 落合団地入居開始
  • 北須磨団地センター(専門店等)オープン
 
昭和54年 1979
  • 横尾団地入居開始
  • 名谷センタービルオープン
 
昭和55年 1980
  • 須磨パティオオープン
  • 横尾団地1次宅地分譲
 
昭和56年 1981
  • 横尾センターオープン
 
昭和57年 1982
  • 北須磨文化センターオープン
  • 西神ニュータウン入居開始
昭和58年 1983
  • 東白川台団地入居開始
  • 市営地下鉄(新長田~大倉山)開通
昭和59年 1984
  • 名谷北センターオープン
  • 神戸総合運動公園陸上競技場完成
昭和60年 1985  
  • 市営地下鉄(大倉山~新神戸、名谷~学園都市)開通
昭和62年 1987  
  • 市営地下鉄全線開通(学園都市~西神中央)
  • 須磨海浜水族園オープン
昭和63年 1988
  • 須磨ベルトコンベヤ運搬土量2億立方メートル達成
  • グリーンスタジアム神戸完成
平成4年 1992  
  • 六甲アイランド埋立完了
平成7年 1995
  • リファーレ横尾オープン
  • 阪神淡路大震災(1月17日)
平成13年 2000
  • 須磨パティオリニューアルオープン
 
平成17年 2005
  • 須磨ベルトコンベヤによる土砂運搬終了
 

参考文献

神戸市『須磨ニュータウン誌』平成元年11月発行
神戸市『新修神戸市史行政編3都市の整備』平成17年3月発行

お問い合わせ先

須磨区総務部まちづくり課