現在位置

ホーム > 区役所 > 須磨区 > 計画・取り組み > イベント > 子どもを育むスマハマプロジェクト「すまうら水産のり工場見学」

更新日:2021年11月22日

子どもを育むスマハマプロジェクト「すまうら水産のり工場見学」

ここから本文です。

須磨区では、子ども達が須磨海岸の自然環境を学び、須磨のまちと須磨海岸への愛着を感じてもらうことを目的に、四季を通じた自然体験学習「子どもを育むスマハマプロジェクト」を開催しています。
今回は「すまうら水産のり工場見学」の参加者を募集いたします。

1.「須磨海苔」とは

須磨から垂水沖の東西約7キロにわたって浮かぶ「海苔棚」において、海苔の種を付けた網で養殖が行われています。
水温が19℃以下の環境でないと育たないため、今回見学するすまうら水産のり工場では12月~4月の寒い時期にしか製造していません。
海苔は「潜り船」と呼ばれる漁船で畳のように敷き詰められた海苔網の下に潜り収穫していきます。収穫された海苔は、工場で海苔簀の上に並べて乾燥機にかけられます。
製造される海苔の中でも、一番摘み海苔を使って作られた海苔が「須磨海苔」のブランド名で販売されています。
豊富な栄養素と明石海峡の速い潮流、冬の冷たい季節風によって「色が黒くて艶があり、豊かな磯の香りと風味、肉厚だけど歯切れが良い」美味しい海苔が育まれます。
onigiri seihinumi 

2.内容

本イベントでは、海苔の養殖から乾海苔が出来上がるまでの一連の工程をビデオ鑑賞や工場見学で学ぶことができます。また、須磨海苔の試食もしていただけます。
製造を行っているこの時期限定のご家族で楽しめるイベントですので、ぜひご参加ください。
※乾海苔とは・・・型に入れて乾かされたものであり、乾海苔を加工することで焼き海苔や味海苔となります。


 nori4 kouzyou

3.日時・場所

日時:令和4年1月15日(土曜)、16日(日曜)両日10時00分から12時00分
場所:須磨浦漁友会事務所、すまうら水産のり工場(JR須磨駅から徒歩5分)
〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通6丁目8(地図はこちら(外部リンク)

4.参加費

無料

5.対象・募集人数

対象:神戸市内在住の小学生を含む家族(小学生のお子様を含むご家族であれば未就学児もご参加いただけます)
募集人数:計80名

6.注意事項

  • 当日の午前8時の時点で、大雨・暴風・洪水・大雪・波浪警報いずれかが発令されていれば、中止となります。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、延期や中止、内容が変更される可能性があります。

7.お申し込み先・お問い合わせ先

神戸市事業・イベント案内センターにWEBにてお申し込みください。(12月17日まで)

 https://kobecity-official-event.jp/form/2404

※応募者多数の場合は抽選。当落結果は12月下旬通知予定。

※集合場所や持ち物等の詳細は別途お知らせします。

(電話)078-333-3372 または 0570-083330(営業時間)9時から21時

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

須磨区総務部まちづくり課 

〒654-8570 神戸市須磨区大黒町4-1-1