現在位置

ホーム > 区役所 > 須磨区 > 防災・安全 > 防犯 > 須磨区地域防犯リーダー

更新日:2019年11月1日

須磨区地域防犯リーダー

ここから本文です。

須磨区地域防犯リーダーとは・・・

「須磨区民防犯アカデミー」を修了すると、「須磨区地域防犯リーダー」として認定されます。
これまでに201名が認定され、地域の自主防犯活動の核となり、防犯情報の発信源として活動していただいています。

取り組み内容

児童の登下校の見守りや夜間パトロール、また、須磨区地域防犯リーダー同士の繋がりを深めることを目的とした「意見交換会」の実施、他の地域で行われている活動に参加し、そのノウハウを学ぶ「活動事例現地勉強会」などフォローアップ研修を実施しています。
そのほか年末警戒シーズンを前に地域と合同で行う「地域合同研修会」も実施しています。

各取り組みの詳細については、下記をご覧ください。

活動事例現地勉強会

他の地域で行われている防犯活動に参加し、そのノウハウを学んでもらい、自身が所属する防犯活動団体で役立てていただくことを目的に実施しています。

須磨区地域防犯リーダー活動事例現地勉強会を実施しました

活動事例現地勉強会の様子平成30年8月27日(月曜日)19時30分より菅の台地域福祉センターにて、「須磨区地域防犯リーダー活動事例現地勉強会」を実施しました。

最初に須磨区青少年育成協議会 菅の台支部の佐藤副支部長より自主防犯の取り組みについて事例報告を受けた後、参加者全員で実際に菅の台地区を歩いて、合同防犯パトロールを行いました。
菅の台地区は、広域で自然豊かな地域で、垂水区との区界にある「奥畑階段」という200段以上もある長い階段や大きな池がある「土池公園」等を北と南の2コースに分かれて、約1時間パトロールしました。
自主防犯活動としては、犯罪ゼロを目指して、夏季防犯パトロール、登下校時の立ち番・校区内パトロール、防犯カメラの設置検討、防犯灯の点検などを行っておられます。防犯活動で抱えている課題などを報告していただき、参加者と情報共有しました。

防犯パトロールの様子

地域合同防犯研修会

年末警戒シーズンを前に、須磨区地域防犯リーダーと地域団体との協力連携を推進するため、毎年、南北で交互に開催しています。

地域合同防犯研修会を行いました

第9期須磨区地域防犯リーダーと地域の方々との顔合わせ平成29年11月25日(土曜)14時30分から須磨パティオのパティオホールにて、「地域合同防犯研修会」を行い,73名の方にご参加いただきました。また当日は、「第9期須磨区地域防犯リーダーの修了認定式」も行い、新たに22名をリーダー認定しました。

今回は、神戸市危機管理室の今富防犯対策担当課長から「犯罪に強くなる効果的な防犯活動について」をテーマに講演があり、犯罪機会論について学びました。
犯罪機会論というのは、例えば、「犯罪者」のイメージはというと、「黒いサングラスにマスク」という固定観念にとらわれがちですが、実際には犯罪者は、巧みに外見を欺きます。判断しにくい「人」ではなく、「場所」に着目して防犯活動すべきという考え方です。危険な「場所」とはどんなところかなどについて公園や歩道などを例に具体的に紹介があり、防犯パトロールの際の注意点などについて理解を深めました。

犯罪機会論のイメージ

意見交換会

須磨区地域防犯リーダー同士が相互にノウハウや情報を共有し、日常的な悩みや課題を意見交換することで、須磨区地域防犯リーダー間の横の繋がりを強化することを目的とし実施しています。

「子どもの安全安心な環境を保つために、地域でできることとは」をテーマに研修会を行いました

意見交換会の様子平成30年3月8日(木曜)18時より須磨区役所にて「須磨区地域防犯リーダー意見交換会」を行い、22名の方にご参加いただきました。

はじめに須磨警察署生活安全課長より「児童虐待事案の現状と、地域での対応について」の講演があり、児童虐待とはどういったものか、なぜ問題意識をもたないといけないのか、児童虐待の発見のための着眼点などについて理解を深めました。その後引き続き、ワークショップを行い、「地域の子どもたちと、日ごろ、どんな関わりを持っていますか?」「子どものSOSに気づいたことや事例はありますか?」などについて、意見交換しました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

須磨区総務部まちづくり課 

〒654-8570 神戸市須磨区大黒町4-1-1