現在位置

ホーム > 区役所 > 須磨区 > 子育て > 須磨区母子保健事業に係る会計年度任用職員(心理士)の募集

最終更新日:2022年3月16日

須磨区母子保健事業に係る会計年度任用職員(心理士)の募集

ここから本文です。

1.業務内容

須磨区母子保健事業 心理相談等業務

 

2.応募資格

  • 公認心理師・臨床心理士・特別支援教育士のうちいずれかの資格を持つもの
  • 地方公務員法第16条により、次のいずれかに該当する人は受験できません。

①禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
②神戸市において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
③日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

※学歴は問いません。
※日本国籍を有しない人も応募できます。ただし、日本国籍を有しない人で就職が制限されている在留資格の人は採用されません。

 

3.任用期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

※勤務実績が良好な場合、面接による選考を実施のうえ、再度任用されることがあります。(2回まで最長3年)

 

4.勤務条件等

(1)基本給

時給2,564円(地域手当に相当する報酬含む、昇給はしません。)

(2)諸手当等

通勤手当

(3)勤務時間・日数

4.5時間/1回(事業終了まで)

ただし、週当たりの勤務時間数は平均20時間未満とする。

(4)休日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始、業務を行わない日

(5)勤務地

須磨区保健福祉部こども家庭支援課

(6)試用期間

1ヶ月(再度任用する場合も同様)

なお、条件付採用期間は、1か月の勤務日数が15日に満たない場合、15日に達するまで任期の範囲内で自動的に延長されます。

(7)服務

  • 地方公務員法に規定する服務及び懲戒に関する規程の対象となります。
  • 営利企業への従事(兼業)を行うことができます。ただし、以下の場合は認められませんので留意してください。

①兼業を行うことによって職務の遂行に支障を来すおそれがある場合
(兼業先との所定勤務時間の合計が本市常勤職員の標準勤務時間を上回る場合など)
②兼業を行うことによって職務の公正を確保できなくなるおそれがある場合
③兼業を行うことによって神戸市の信用を損なうおそれがある場合

(8)その他

  • 基本給及び諸手当の額は、給与改定をうけて変更されることがあります。

5.選考方法

書類選考(履歴書)を行った後、選考合格者を対象に面接を実施し合格者を決定します。

 

6.問い合わせ・書類提出先

〒654-8570
神戸市須磨区大黒町4丁目1-1
須磨区保健福祉部こども家庭支援課
電話:078-731-4341(内309)
※平日9時00分~17時00分まで受付(12時00分~13時00分を除く)

 

7.申込方法

①提出書類

  • 履歴書(様式は問いません。)

※面接等の連絡を行いますので、必ず連絡の取れる連絡先を記入してください。

  • 公認心理師・臨床心理士・特別支援教育士の資格者証の写し等

②申込方法

郵送にて「7.問い合わせ・書類提出先」に提出してください。

③受付期間

令和4年3月18日(金曜)必着

 

8.その他

  • 応募資格がないこと又は提出書類の記載事項が正しくないことが判明した場合には採用を取り消すことがあります。
  • 本募集において提出された書類は、受付後返却しませんので、ご了承ください。
  • 本募集に際して収集した個人情報は、神戸市個人情報保護条例に基づき、厳正に取り扱い、会計年度任用職員の任用手続き以外の目的で利用することはありません

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

須磨区保健福祉部保健福祉課 

〒654-8570 神戸市須磨区大黒町4-1-1