現在位置

ホーム > 区役所 > 長田区 > 区の紹介 > 長田区の観光

更新日:2019年11月1日

長田区の観光

ここから本文です。

自然

長田区は、住んでいる人にとっても訪れる人にとっても心地よい「自然を生かしたうつくしいまち 長田」の実現をめざしています。
水や緑とふれあえる長田の自然・風景をご紹介します。

高取山からの眺望

高取山は六甲山系の独立峰で、昔「神撫(かんなで)山」と呼ばれていました。高さは約320メートルで山頂に高取神社があり、早朝登山の場として四季を通じて多くの人に親しまれています。
山頂からの神戸の市街地や大阪湾の眺望は絶景で、山頂からのパノラマは平成20年の「神戸らしい眺望景観10選」に選ばれました。

毎年2月には、「耐寒スタンプテーリング」を開催し、多くの方で賑わいます。

新湊川トンネル(長田区側)・新湊川

新湊川トンネルは、阪神・淡路大震災でトンネルの出口が倒壊するなど、大きな被害が発生しました。その後改築工事が施され、平成12年12月に通水を開始。古風で趣のあるデザインは、昔の湊川隧道のデザインを受け継いで、整備後の新湊川と良く調和しています。

都市部を流れるコンクリート人口河川の新湊川

「新湊川を愛する会」を中心に、長田区都心部の貴重な親水緑地空間とするため清掃活動や川の左岸道路の緑化などが行われ、自然な川の状態に近づいてきています。

観音山公園の桜

市街地に一つ残った独立峰の山容と桜のハーモニーが美しいです。

志里池公園

志里池小学校跡地につくられた公園。昔は真野池という池でした。世界3大花木の一つジャカランダがあります。

海の風景

海と空と工場の調和のとれた風景がみることができます。

獅子ヶ池

緑が美しい獅子ヶ池

一時はゴミの不法投棄も多く見られましたが、里山的な憩いの空間づくりを目指す「獅子ヶ池を美しくする会」の皆さんのクリーン作戦によって現在の美しい姿を取り戻すことができました。

苅藻川

中州に花が植えられた苅藻川
蛍が飛ぶ美しい川に戻すために清掃、整備活動が取り組まれています。

ハナミズキシンボルロード

長田区の木「ハナミズキ」(平成15年10月選定)が街路樹として植えられている、区のメインロード長田線(高速長田駅~宮川9丁目交差点)と区役所前道路を、平成17年6月から「ハナミズキシンボルロード」と名づけています。春には、白やピンク、赤の美しい花で、秋には、美しい紅葉で道を行く人々の心を和ませてくれます。水やりなど地域の方々の協力も得ながら、ハナミズキを中心に花と緑あふれる美しい通りとしていきます。

歴史

歴史的に価値がある神社や平清盛に関する史跡など長田区には文化の薫る場所が多く存在します。

長田神社

長田のまちのシンボル!再現された社殿などが美しい。
神功皇后が航海に行き詰まったとき、その船を守護してきた神が現われ、「長田の国の鶏鳴のきこえる里に祀れ。」とお告げになり、今の長田神社が建てられたといわれています。(ながたの民話より)

満福寺(亀の甲寺)の石積み

自然石の丸みを生かした、亀甲石積みの形が美しいです。

まち

地域の商業者や住民のみなさんが中心となって、まちの活性化に取り組んでいる長田。
神戸出身の漫画家・横山光輝さんの「鉄人28号」・「三国志」の活用や、市民の地域参加を支援する地域交流の場などがあります。

ふたば学舎

歴史ある二葉小学校を地域の活性化に役立てるため、2010年11月に地域人材支援センターとしてリニューアルし、2016年4月にふたば学舎に名称変更しました。
英会話・ダンスなどの講座、様々なイベントが行われています。
2012年6月にはアーカイブ写真館もオープンし、神戸港開港から阪神・淡路大震災までの写真を中心に約15万点を閲覧することができます。

鉄人28号

まちに来た人みんながびっくりする、勇壮な姿の「鉄人28号モニュメント」
地域活性化と新たな観光拠点つくりを目的に、阪神淡路大震災からの復興シンボルとして誕生。
鉄人広場では、一年中さまざまなイベントが行われ多くの観光客が訪れます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

長田区総務部まちづくり課 

〒653-8570 神戸市長田区北町3丁目4番地の3