ホーム > 区役所 > 北区(北区役所) > 防災 > 2023年度 防災パトロールを開催しました

2023年度 防災パトロールを開催しました

最終更新日:2024年2月19日

ここから本文です。

防災パトロール
いつ何時に起こるか分からない災害や気象変動。
区民の皆様の安全を守るためには、日頃から防災関係者の連携と情報共有が大切です。
いざという時に着実に対応できるよう、6月6日(火曜)に「北区防災パトロール」を開催しました。

区長
参加者は防災服を着用し、北区役所の災害対策本部室に集まりました。
先日も台風2号の影響による大雨で「高齢者避難」が発令されたばかり。緊張感が漂います。

盛土や土砂災害を学び、意見を交換

区長だよ盛土説明

 

盛土は、適切な方法・形状で施工しなければ、大雨などの影響で盛土の崩壊や土砂の流出などの危険があり、盛土の規模や場所によっては法令等による許可が必要です。
こうした法令の基準に準拠せず施工された盛土や無許可盛土は、一昨年度に起こった熱海の土砂災害のような甚大な被害を及ぼす危険があります。
大雨に伴う土砂災害の警戒に向けて、盛土の現状の情報交換を行いました。

土砂災害の対応状況確認:裏六甲ドライブウェイの現地視察

裏六甲ドライブウェイ
雨が強まるなか、裏六甲ドライブウェイの現地視察へ向かいました。
北区の唐櫃(からと)から、六甲山の北側を上るカーブの多いルートです。
2014年の台風11号による土砂崩れで一時通行止めとなりましたが、大規模な防災対策工事で、現在は落石や土砂崩れを防ぐための巨大な防護柵などが斜面と道路を隔てて建てられていました。
しっかりと対応されていることが確認できました。
対策1対策2

現地説明会を行った六甲ビジターセンター付近は、あいにくの雨と濃霧。
ですが、しっかりと工事箇所を確認し、現在の様子などの情報共有を行いました。

あいにくの雨

北区は急傾斜に迫った宅地が多く、土砂災害についても引き続き注意を払う必要があります。
今回の防災パトロールをもとに、関係機関とともに地域の連携を図り、防災対策を進めていきます。

(参加機関:神戸北警察署・有馬警察署、北消防署、建設局、危機管理室、北区役所・北神区役所)
 

お問い合わせ先

北区総務部地域協働課