現在位置

ホーム > 区役所 > 兵庫区 > 計画・取り組み > 兵庫区:「神戸っ子応援団」活動紹介 > 「見守り隊」をゆく(ゆめっ子応援団)

更新日:2019年11月1日

「見守り隊」をゆく(ゆめっ子応援団)

ここから本文です。

見守り活動の様子1見守り活動は毎日、毎朝、雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、子どもたちの安全安心のための地道な活動。頭が下がります。
大阪北部地震があった日から数日後、梅雨の最中。
夢野中学校区では、鵯越町から夢野の丘小学校に至る南北の道を中心に、自治会の方が見守りをしています。
ご覧のとおり、歩道のない狭い坂道が曲がりながら続いており、端を歩く子ども達と通勤車がすれ違います。この道は毎日200人以上の子ども達が通るそうですが、朝の様子を北から見て行きましょう。

見守り活動の様子2まずバス道沿い、鵯越小学校があった場所に見守り隊一人。
交通量が多い中、上から来た子ども達をバス道をくぐる地下道の方へ誘導。

次に、バス道からしばらく下った交差点に1人。
東西方向に商店が並び、夢野中学生が西へ、車が東へ。
このあたりから合流する小学生が増えます。
身軽に動くためにか、傘はささずに交通整理。

見守り活動の様子3ここからは道が緩やかにカーブ、見通しが悪くなります。
子ども達はほぼ一列縦隊に並んでいるけれど、話をしながら歩きもしたい。
前の方の子はやって来る車が見えるが後ろの子は見えない。今日のように傘をさせばなおのこと。
「おはよう、広がらないでね」「車が来たよ、気を付けて」
見守り隊は2人一組になって、車との接触が無いよう常に子ども達に声をかけ続けます。

見守り活動の様子4カーブが終わると直線。
ここで2つ目の交差点に見守り一人、少し小さめの交差点ですがやっぱり車は来ます。
いよいよ校門まであと少し、見通しは良くなったけれど「最後まで気を抜かないで緑色のところ(グリーンベルト)を歩いてね」と願いながらの見守り隊。
ご存じのように、グリーンベルトはドライバーに通学路であることを認識させ、歩行者との接触事故を防ぐことを目的としているのですが、見守り隊が立って子ども達やドライバーに注意をうながしているからこそ、事故やトラブルが防がれているのだと実感しました。

見守り活動の様子5後日再び見学に訪れると、ワンちゃんを抱いた見守り隊がいました。
天気の良い日はペットを連れて立つこともあるそうです。
子ども達が楽しそうに手を振ったり、ちょっと触れて通って行ったりします。
和やかで温かな雰囲気を感じました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

兵庫区総務部まちづくり課 

〒652-8570 神戸市兵庫区荒田町1丁目21-1